HTC (via evleaks)
HTC (via evleaks)

今週14日のイベントで新型VRヘッドセットを発表すると噂のHTCですが、その新製品" Vive Flow "とされる画像が著名リーク屋のエヴァン・ブラス氏(@evleaks)から放流されています。

このVive FlowなるヘッドセットはHTC内部では" Hue "という名で開発されてきた軽量なコンシューマー機で、スマートフォンやPC接続を必要としないスタンドアロン型ヘッドセットだと言われています。

テクノロジーニュースサイトのProtocolによると、Vive Flowが搭載するチップはOculus Quest 2よりも処理能力は低いものの、6DoFトラッキングが可能とされます。また流出画像からはあらゆる人が快適に装着できるダブルヒンジ機構やスナップオン式のクッション、調整可能なレンズ、強制クーリングの仕組みなどがあることがわかります。Bluetoothでスマートフォンと接続したり、モバイルデバイスをVRコントローラーとしてMiracastでコンテンツを表示させることもできます。

Vive Flowには専用のコントローラーが付属しないとのことで、アクション性の高いVRゲームをプレイするのは期待しない方が良さそうです。一部のカジュアルゲームは楽しめるかもしれないものの、HTCはどちらかといえばこのヘッドセットはVRコンテンツの消費手段としての位置づけで考えているようです。

流出画像にはさらに、Vive Flowが10月15日から予約受け付けを開始し、11月上旬に出荷するこという重要な情報も記されています。そして価格は499ドルと記されており、早期予約特典として7種類のVRコンテンツと専用ケースが用意されるとのことです。

ただ、あくまで今回の情報は流出画像によるもの。気になる方は、HTCが14日に予定するオンラインイベントをどうぞお楽しみに。

Source:Evan Blass(@evleaks)

Coverage:Protocol