台湾HTCのVRヘッドセットHTC VIVEは、主に業務用VRヘッドセットとして定番となっている、人気のシリーズです。そんなシリーズの次期VRヘッドセット「VIVE Pro 2」「VIVE FOCUS 3 Business Edition」が今月中にも発表となる、というウワサが話題となっています。

これを報じたのは、IT系ニュースサイトのProtocolです。

同誌記事で紹介されているのは、ヨーロッパの電子商取引サイト「Alzashop」に、これら2モデルの製品情報が一時的に掲載されていた一件。それぞれの価格は842ユーロ(約11万円)と1474ユーロ(約19万円)で、5月20日に発売されるとの記載も見つかっています。

実はHTCは、5月11日にVR関連イベント「Vivecon」の開催を控えた状態。そのため両モデルの発表は、同イベントに合わせたものとなることが予測されています。また、イベントのティーザー画像も、現行製品とは異なった形状のVRヘッドセットとなっているため、ここからも投入が示唆されています。

一方で先月には、フィットネス用途を想定した軽量ヘッドセット「VIVE Air」の画像がiFデザインアワードの公式サイトからリークした…と思いきや、こちらはHTCからコンセプト画像である、と製品としては否定されています。

しかし同社スポークパーソンは続けて「将来の製品に共通する要素やインスピレーションを含んでいる」との意味深なコメントを出していました。とくにスタンドアロン型になるであろう、VIVE FOCUS 3 Business Editionともデザイン上の共通点があるかもしれません。

日本でも一般向け販売が開始された現行モデルの「VIVE Pro/VIVE Pro Eye」や「VIVE Focus Plus」ですが、次期モデルの登場はかなり近そうです。

Source: Protocol