engadget

ファーウェイがゲーミングモニタ「HUAWEI MateView GT」を国内投入します。発売は9月10日を予定し、本体価格は税込6万5800円です。

「HUAWEI MateView GT」は、34インチ 3440 x 1440(アスペクト比21:9)の液晶ディスプレイです。パネル面が湾曲した曲面形状となっています、リフレッシュレートは165Hzとなります。

engadget
engadget

DCI-P3を90%カバーする広色域のほか、10bit表示に対応し10万7000万色を表示可能。コントラスト比は4000:1、最大輝度350nitで、FreeSync・G-SYNCにも対応します。

engadget

底面部には5Wのフルレンジスピーカーを備えるサウンドバーを搭載。このサウンドバーはゲーミングモニタらしくライティング機能も備え、プリセット8種・ユーザーによるカスタマイズも可能です。デュアルマイクを搭載し、ビデオ会議にも利用できます。

engadget
engadget

映像入力は、フルサイズDisplayPort(バージョン1.4)×1基にHDMI 2.0×2基、さらにUSB Type-C×1基(データ転送と10Wまでの給電に対応)という4系統を備えます。

engadget
engadget

ディスプレイ単体のゲームアシスト機能としては、暗所でのガンマ調整機能(暗所のみを明るくして、敵などを発見しやすくする)『Dark field controls』や、画面中央のクロスヘア(照準)表示などを備えます。

製品の詳細はグローバル発表時の記事もご覧ください。