HUAWEI MatePad T10 / T10s

ファーウェイ・ジャパンは、タブレットの新製品として「HUAWEI MatePad T10 / T10s」(Wi-Fi)2機種を4月23日に発売します。市場想定価格はT10が2万3980円(税込み、以下同)、T10sが2万7280円です。Amazonや家電量販店などが取り扱います。

同社製タブレットのTシリーズは、エントリークラスとして位置づけられており、その8インチモデルが展開されていますが、新たに同シリーズの大画面版が登場した格好です。

T10sとT10の大きな違いは画面サイズと解像度。T10sは10.1インチの1920x1200ピクセル、T10は9.7インチの1280x800ピクセルです。ベゼルはT10よりもT10sのほうが細くなっています。

▲T10(手前)よりもT10s(奥)のほうが細い
HUAWEI MatePad T10 / T10s
▲厚さとボタン配置はほぼ同じ
HUAWEI MatePad T10 / T10s
▲充電端子はUSB Type-C

両製品ともにアプリや利用時間などを制限する「キッズモード」を搭載。子どもに不向きなシーンでは画面に警告メッセージを表示したり、正しい利用方法を促す機能も備えるほか、画面にタッチすると小鳥がさえずる仕掛けもあります。

HUAWEI MatePad T10 / T10s
▲キッズモード
HUAWEI MatePad T10 / T10s
▲キッズモードで利用できるアプリ
HUAWEI MatePad T10 / T10s
▲キッズモードではイラストも描ける

視認性に配慮した機能もあります。ブルーライトカットモード、グレースケール表示にするeBOOKモード、低コントラスト表示に加えて黒を基調としたUIにするダークモードがプリセットされています。

便利機能として、Wi-Fi Direct経由で1度に最大500枚の写真やPDFなどのファイルを別の対応端末に転送可能な「Huawei Share」や、画面上に複数アプリを同時に表示する「画面分割」を利用できます。

このように、税込みでも3万円を切る価格で、子ども向けや目への負担を軽減する機能などが盛り込まれていますが、GMS非対応なのが留意点となります。

独自アプリストアAppGalleryで配信されていないアプリをダウンロード元サイトからAPKファイルとして入手する手段が用意されているものの、動作保証外というリスクが常につきまとうのも事実です。

ファーウェイによれば、すでにAppGalleryで3840億のアプリを配信しているとのことですが、主要アプリの充実を期待したいところです。

HUAWEI MatePad T10 / T10s

Source:MatePad T10 / T10s