ファーウェイは、Google Mobile Service(GMS)に対応したSIMフリースマートフォン「HUAWEI nova lite 3+」を5月29日に発売します。価格は税別2万4800円です。

「HUAWEI nova lite 3+」は、2019年に発売した「HUAWEI nova lite 3」の後継モデルです。ストレージ容量を前モデルの32GBから128GBに大幅増量したのが特徴となっています。

なお、プロセッサには前モデルと同じKirin 710オクタコアを採用。RAMも同じ4GB。ディスプレイも6.21インチ2340 x 1080解像度と同サイズです。カメラは1300万画素(標準)200万画素(測距用)のデュアルレンズとなります。

バッテリー容量は3400mAh。本体サイズは73.55 x 155.36 x 8.2mm、重さは163g。カラーはオーロラブルー・ミッドナイトブラックの2色展開となります。

このように前モデル「HUAWEI nova lite 3」のストレージ容量を増やしたマイナーチェンジモデル的な製品となっています。

なお、ファーウェイ製端末は、米国政府の制裁後に発売された新機種の場合、Google PlayストアをはじめとするGMSを利用できなくなっています。

一方の「HUAWEI nova lite 3+」は、既存機種のマイナーアップデートであるため、既存機種扱いとなり、GMSを利用できるものと思われます。

Source:ファーウェイ