HUAWEI FreeBuds Pro

昨年の個人的な完全ワイヤレスイヤホンベスト5に選びながら、試したことがなかったHUAWEI Freebuds Pro。悪い評価を見たことがなく、ずっと気になっていたのですが、今回レビュー用にお借りすることができました。早速試してみたところ、評判に違わず、かなりお勧めできるイヤホンでした。

FreeBuds Proは、HUAWEIが2020年11月に国内で発売した完全ワイヤレスイヤホン。HUAWEIのイヤホンとしては、インナーイヤー側のFreeBuds 3、カナル型になりANC性能が向上したFreeBuds 3iが国内販売されています。FreeBuds ProもFreeBuds 3iと同様にANC対応のカナル型ですが、デザインは、これまで以上にAirPods Proに近くなった印象です。

HUAWEI FreeBuds Pro
▲FreeBuds Pro(左)とAirPods Pro(右)

ただ、伸びているステム部分はAirPods Proとは違い、四角い形状に。また、この部分にはセンサーが組み込まれており、側面のピンチやスワイプで各種操作を行えます。

HUAWEI FreeBuds Pro

そんなFreeBuds Proの付属品は、USB-A to Cケーブルに、交換用のイヤピース。

HUAWEI FreeBuds Pro

ちなみにイヤピースはS、M、Lの3種類で、AirPods Proと同様に専用設計になっていました。

HUAWEI FreeBuds Pro

充電ケースワイヤレス充電対応。ただ、他社の完全ワイヤレスイヤホンでは、ワイヤレス充電に対応している充電ケースは、ヒンジ側を下にするのがほとんど、むしろ、逆向きになっているものを知らないのですが、HUAWEI FreeBuds Proはヒンジ側を上にして充電します。

最初、逆向きに置いて充電されない……と悩んでしまいました。

HUAWEI FreeBuds Pro
▲ヒンジ側にロゴがあるので、こちらが表ということなのでしょう

ところで、この充電ケースからイヤホンを取り出すのが、形状的に引っかかりがなくて難しいのですが、親指で置くに押しやりながら上に持ち上げると簡単に取り出せます。HUAWEI自身も取り出しが難しいと感じたのかは定かではありませんが、この方法は梱包材にも記載がありました。

HUAWEI FreeBuds Pro
▲奥に押しつけるようにすると、イヤホンが上にスライドします

ノイズキャンセリングは非常に強力

肝心のイヤホンとしての性能ですが、音質については個人の好みが大きいところですが、低音が少し強めに感じました。といっても無理に強調している感じではなく、あくまで自然な印象。中高音の伸びもいいです。ちなみに、対応コーデックはSBCとAACでaptXには非対応です。

ANC(アクティブノイズキャンセリング)も非常に強力で、個人的な印象としては、ソニーのWF-1000XM3よりも効きが強い印象。主観ですがノイキャン性能は高い順に「FreeBuds Pro>WF-1000XM3>AirPods Pro」という感じです。なお、ANCの強さは、専用アプリから「くつろぎ」「標準」「ウルトラ」、環境を自動判別して調整する「ダイナミック」の4つから選択出来ます(デフォルトはダイナミック)。

HUAWEI FreeBuds Pro

耳から伸びたステム部分を指でつまむピンチ操作で再生や停止、ANCのON/OFFなどが行えるほか、上下にスワイプすると音量の調整も行えます。物理的なスイッチが入っているわけではありませんが、ピンチ時には「カチッ」というクリック音も聞こえ、操作感は良好です。

HUAWEI FreeBuds Pro
HUAWEI FreeBuds Pro

また、2台同時接続可能なマルチポイントにも対応しています。PCで動画を見ているときにスマートフォンに着信があった場合、イヤホンのピンチ操作でそのまま応答可能です。いちいち切替える必要はありません。

もちろん、PCとAndroidだけでなく、Android2台やAndoid とiOSといった組み合わせでも動作します。常に複数台を利用している人にとっては非常に便利な機能です。

アプリはAndroid専用

ANCの効き具合の調整や、ピンチ時の操作方法は、コンパニオンアプリの「AI Life」からカスタマイズが可能です。

HUAWEI FreeBuds Pro

ただし、このアプリはiOSには非対応でAndroidでしか利用出来ません。また、同名アプリがGoogle Playにもあるのですが、そちらではFreeBuds Proが利用出来ませんでした。製品マニュアルにあるQRコードを読み込むとHUAWEIのAppGalleryあるいはブラウザで直接ダウンロードが行えます。野良アプリとなってしまうのが残念なところ。

アプリがなくても不自由なく使えるのですが、ファームウェアのアップデートもアプリがないと行えないので、とくにiOSユーザーは注意が必要です。

HUAWEI FreeBuds Pro

2万5080円という価格を考えても満足度は高く、他社の3万~4万円クラスの製品と比べても負けていないと感じます。アプリの対応だけが残念なところなので、そこはもう少し頑張ってほしいところ。米国の規制問題で難しいのかもしれませんが……。