Daniel Cooper
Daniel Cooper

Huaweiが、グローバル向けのオンライン発表会にて新型スマートフォンMate 40シリーズ3モデル、Mate 40、Mate 40 Pro、Mate 40 Pro+を発表しました。

5G通信をサポートするSoCはKirin 9000(Mate 40は下位版のKirin 9000E)を搭載。この5nmプロセスルールで製造されたチップセットは、iPhone 12に搭載されるA14よりも30%トランジスター数が多い153億トランジスターで構成され、CPUは8コア、GPUの”Mali”は24コアで、Snapdragon 865+よりもそれぞれ10%および52%高速と説明されます。またAI処理のために搭載されるNPUはSnapdragon 865+の2.4倍の速度を誇るとのこと。また5Gの通信性能は上りがクアルコムのX55の5倍、キャリアアグリゲーション使用での下りが2倍高速だと主張します。

ディスプレイはMate 40が6.5インチ、Mate 40 Pro、Mate 40 Pro+が6.76インチのOLEDを採用、解像度は前者が2376 x 1080、後者は2772x1344となっています。Huaweiは比較のためにiPhone 12 Pro Maxよりも大画面だとアピールしつつ、狭額縁化により横幅は狭く仕上げたとしました。

おそらく一番の注目点はカメラ性能の向上でしょう。メインカメラには共通して1/1.28型50MPのRYYBセンサーを採用するF1.9の超高感度広角カメラを搭載します。

Mate 40はこれに加えて16MP、F2.2の超広角、8MP、F2.4の光学3倍ズーム、さらに5倍ズームカメラというクアッドカメラ構成。

Mate 40 Proはメインカメラに加え動画性能を強化した20MPペリスコープ構造のウルトラワイドシネカメラ、12MP、F3.4の光学手ぶれ補正つき5倍ズームカメラと7倍光学ズームカメラという4カメラ構成。

そしてMate 40 Pro+は共通のメインカメラに、20MP/F2.4/フリーフォームレンズ採用の超広角カメラ、赤外光測距のToFカメラ、8MP/F4.4/光学手ぶれ補正を備える10倍ズームカメラ、そして12MP/F2.4/光学手ぶれ補正つきの3倍ズームカメラという5カメラ構成を採用しました。ズームは光学17倍まで可能。

なお、フロントカメラは13MPセンサー、画角100°の広角レンズを搭載します。またメインカメラによる動画撮影機能は、4K/60fpsでの撮影に対応するほか、1080p/480fpsのスロー撮影、720pなら3840fpsというスーパースロー撮影が可能とのこと。またフロントの自撮りカメラは4K/60fps、1080p/240fpsの撮影が可能。

Gallery: Huawei Mate 40 Pro hands-on | of 10 Photos

  • Hands-on images of Huawei’s latest flagship smartphone the Mate 40 Pro running EMUI 11 and packing incredible cameras.
    Hands-on images of Huawei’s latest flagship smartphone the Mate 40 Pro running EMUI 11 and packing incredible cameras.
    Image Credit: Daniel Cooper
  • Hands-on images of Huawei’s latest flagship smartphone the Mate 40 Pro running EMUI 11 and packing incredible cameras.
    Hands-on images of Huawei’s latest flagship smartphone the Mate 40 Pro running EMUI 11 and packing incredible cameras.
    Image Credit: Daniel Cooper
  • Hands-on images of Huawei’s latest flagship smartphone the Mate 40 Pro running EMUI 11 and packing incredible cameras.
    Hands-on images of Huawei’s latest flagship smartphone the Mate 40 Pro running EMUI 11 and packing incredible cameras.
    Image Credit: Daniel Cooper
  • Hands-on images of Huawei’s latest flagship smartphone the Mate 40 Pro running EMUI 11 and packing incredible cameras.
    Hands-on images of Huawei’s latest flagship smartphone the Mate 40 Pro running EMUI 11 and packing incredible cameras.
    Image Credit: Daniel Cooper
  • Hands-on images of Huawei’s latest flagship smartphone the Mate 40 Pro running EMUI 11 and packing incredible cameras.
    Hands-on images of Huawei’s latest flagship smartphone the Mate 40 Pro running EMUI 11 and packing incredible cameras.
    Image Credit: Daniel Cooper
  • Hands-on images of Huawei’s latest flagship smartphone the Mate 40 Pro running EMUI 11 and packing incredible cameras.
    Hands-on images of Huawei’s latest flagship smartphone the Mate 40 Pro running EMUI 11 and packing incredible cameras.
    Image Credit: Daniel Cooper
  • Hands-on images of Huawei’s latest flagship smartphone the Mate 40 Pro running EMUI 11 and packing incredible cameras.
    Hands-on images of Huawei’s latest flagship smartphone the Mate 40 Pro running EMUI 11 and packing incredible cameras.
    Image Credit: Daniel Cooper
  • Hands-on images of Huawei’s latest flagship smartphone the Mate 40 Pro running EMUI 11 and packing incredible cameras.
    Hands-on images of Huawei’s latest flagship smartphone the Mate 40 Pro running EMUI 11 and packing incredible cameras.
    Image Credit: Daniel Cooper
  • Hands-on images of Huawei’s latest flagship smartphone the Mate 40 Pro running EMUI 11 and packing incredible cameras.
    Hands-on images of Huawei’s latest flagship smartphone the Mate 40 Pro running EMUI 11 and packing incredible cameras.
    Image Credit: Daniel Cooper
  • Hands-on images of Huawei’s latest flagship smartphone the Mate 40 Pro running EMUI 11 and packing incredible cameras.
    Hands-on images of Huawei’s latest flagship smartphone the Mate 40 Pro running EMUI 11 and packing incredible cameras.
    Image Credit: Daniel Cooper

その他の主な仕様についてはMate 40は8GB RAM、128GBストレージと搭載。Mate 40 Proは、8GB RAMと256GBストレージ、Mate 40 Pro+は16GB RAMに256GBストレージ。ストレージはNMカードで拡張できます。OSはAndroid 10をベースとするEMUI 11.0。

そのほか内蔵のステレオスピーカーは従来モデルより低音を増強し、防水防塵性能はMate 40がIP53、Mate 40 ProとMate 40 Pro+がIP68準拠となっています。防水性能でいえばMate 40は生活防水程度、上位モデルは水没にも耐える防水型となっています。

内蔵の電池は、上位の2モデルが容量4400mAhのバッテリーを搭載。USB-C経由なら最大66Wの充電が可能。ワイヤレス充電機能は最大50Wに対応。他のデバイスにおすそわけするリバース充電にも対応します。下位モデルのMate 40は容量が4200mAhとやや少なめ、有線充電が40Wまでとなりワイヤレス充電にも対応しません。

各モデルの価格は、Mate 40が899ユーロ(約11万1500円)、Mate 40 Proが1199ユーロ(約14万8700円)、Mate 40 Pro+が1399ユーロ(約17万3500円)。日本国内での発売については発表では明らかにはされていません。

さて、Huaweiと言えば気になるのが、米国による中国企業や製品への制裁措置によってGoogleのサービスが使えない状態だということ。そのためGoogleマップやGmailといったGoogleのサービスは使えず、Google Playからアプリをインストールすることもできません。そのため、HuaweiはHMS(Huawei Mobile Services)と称する代替サービスを構築し、Google Playに代わるアプリストアHUAWEI AppGalleryを用意しています。

source:Huawei Mate 40Mate 40 ProMate 40 Pro+