HUAWEI Matebook 14

ファーウェイ・ジャパンは、2020年11月に発売したMateBook 14に、Ryzen 5搭載モデルを追加し、2月12日に発売しました。価格はRyzen 7モデルから1万1000円下がり、10万98780円(税込)に。RAMも16GB搭載しており、これまで以上にお値打ち感が出てきたモデルです。

今回、そのMateBook 14をレビュー用にお借りしたので、簡単なレビューをお届けします。

HUAWEI MateBook 14 (Amazon.co.jp)

狭額縁化が進んだMateBook 14

MateBook 14 R5モデルは、CPUに第3世代のAMD Ryzen 5 4600H(6コア/12スレッド、基本クロック3GHz、ブースト時クロック4.0GHz、TDP45W )を搭載したエントリークラスのラップトップ。ディスプレイは14インチのIPS液晶で、解像度は2160x1440、アスペクト比3:2。なお、Ryzen 5モデルは、従来のRyzen 7搭載モデルとは違い、ディスプレイはタッチパネル非対応となっています。

Matebook 13シリーズよりもナローベゼル化が進んでおり、左右と上辺のベゼル幅は実測で5.5mmほど。

上部ベゼルも細くなったのは、フロントカメラがここには搭載されていないため。ではどこに搭載されているのかというと、ハイエンドなMateBook Xシリーズと同様に、キーボード上部に組み込まれています。

必要のないときは物理的に閉じておけるので、セキュリティ面でもメリットがあります。リモート会議時にも準備が出来るまでは閉じておけば、いきなり繋がってしまい映像が配信されて焦る……といったことも防げそうです。

そのキーボードはキーピッチ約19mmのフルサイズ。適度なクリック感もあり、打ち心地は悪くありません。タッチパッドも120x720の大型サイズです。

このタッチパッド部分にはNFCのアンテナを内蔵しており、HUAWEI Shareに対応したスマートフォンであれば、ここにかざすだけファイル共有や画面共有を使うことができます。

キーボード右上には、電源ボタンを兼ねた指紋センサを搭載。当然、Windows Hello対応です。

筐体デザインはMacBookっぽい雰囲気も

あらためて筐体デザインを見てみると、本体はアルミ筐体のサンドブラスター加工ですが、サンドブラスターというほどにはザラついた感じはなく、むしろツルツルです。カラーはスペースグレーで、WEBサイトの写真よりもやや濃いめの雰囲気です。

HUAWEI MateBook 14
▲見た目はかなりMacBookな印象

14型かつ3:2ということもあり、フットプリントはやや大きめの約308 x 224mmで厚みは約15.9mm。重さは1.49Kgとそれなりにずっしり感はありますが、ギリギリ持ち運びが苦にならない感じです。

HUAWEI MateBook 14
▲抱えるとこのようなサイズ感

底面に大きめの吸気口(排気はヒンジ部の境界面から)。デュアルファン仕様ですが、動作音はほとんど気になりません。

HUAWEI MateBook 14
▲背面に大きな吸気口があるのはWindows PCっぽい

インターフェースは右側面にUSB-A(USB 3.2 Gen1)が2基、左側面にUSB Type-C(充電兼用)、HDMI(1.4b)、3.5mmオーディオジャック。

HUAWEI MateBook 14
▲左側面

充電について、スペックには記載がなかったのですが、100Wの充電器を利用したところ、実測で20V/2.8A(56W)で充電していました。なお、付属の充電器は65Wです。

HUAWEI MateBook 14

下位モデルではあるものの、動作は軽快

搭載するRyzen 5 4600Hはエントリークラスとはいえ、6コア12スレッドあり、ちょっとしたゲームも快適に動作が可能なはず。実際、「ファイナルファンタジ-XIV: 漆黒の反逆者 ベンチマーク」の結果は、1920x1080 標準品質(ノートPC)のフルスクリーンモードで「4536」の快適でした。

HUAWEI Matebook 14
▲FF XIVベンチマークの結果

そのほかのベンチマーク結果は、CINEBENCH R23のマルチコアが7553pts、シングルコアが1060pts。PCMARK 10は3172、3DMARKのTime Spyが1016、Wild Lifeが5566といったところ。

HUAWEI Matebook 14
▲PCMARK 10の結果は3172
HUAWEI Matebook 14
▲3DMARK Wild Lifeは5566

価格と性能のバランスが取れた端末

10万円台の端末は、探せば他にも選択肢がいくつか出てきますが、そのほとんどはディスプレイがフルHD程度。その点、MateBook 14は2160x1440であり、作業スペースとしても申し分ありません。USB-Cのほか、USB-AやHDMIポートも備えているので、業務利用をする上で別途USBハブを利用しなくても問題はないのではと思います。

HUAWEI MateBook 14 (Amazon.co.jp)

いまどきのPCとしては、Wi-Fi 6に非対応なのが惜しいところですが、Wi-Fi 6も家庭やオフィスで十分に普及していると言える状況でもないので、環境によっては全く問題ないでしょう。

そうした点を踏まえても、主に仕事で、しかし息抜きやプライベートでゲームもそれなりに楽しみたい。でもできるだけ低価格なPCをと考えているなら、最初に選択肢として考えるべき端末ではないかと思います。