HAUWEI Smart Watch

ファーウェイ・ジャパンは1月19日、販売中の対象ウェアラブル製品に対して、血中酸素レベル測定機能に対応するアップデートを実施すると発表しました。

対象となるのは、「HUAWEI WATCH GT 2」「HUAWEI WATCH GT 2e」「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」「HUAWEI WATCH FIT」の4製品で、HUAWEI WATCH GT 2 ProとHUAWEI WATCH FITは1月下旬以降、残りの2製品は2月上旬以降に順次アップデートを開始し、1か月ほどですべてのユーザーが利用可能になります。

HUAWEI Watch
Huawei

同様の測定機能はApple Watch Series 6でも対応していますが、血中酸素飽和度(SpO2)とはうたわずに、血中酸素ウェルネスという言葉を使っています。これは医療目的ではなく、あくまでもウェルネス目的だというのを明確にするためです。HUAWEIも同様のスタンスで、測定するのは血中酸素レベルであり、厳密には血中酸素飽和度(SpO2)ではありません。

なお、24時間リアルタイムでのモニタリング可能で、HUAWEI WATCH GT 2 Proでは、血中酸素レベルが低下した場合、アラームで知らせる機能も搭載するとのことです。

Apple Watchを含め、スマートウォッチでのSpO2測定は、医療用のパルスオキシメーターでの計測と比べ誤差が大きいとの指摘もありますが、健康管理の目安にするのであれば、ないよりもあったほうが役立つ機能と言えそうです。

source: PR Times