engadget

ファーウェイは、新型スマートウォッチ「HUAWEI WATCH 3」を本日(8月6日)国内発売しました。当初7月30日の発売を予定していました、約1週間延期となっていました。

「HUAWEI WATCH 3」は、60Hz駆動の円形有機ELディスプレイを搭載したスマートウォッチです。心拍数や血中酸素(SPO2)のほか、皮膚温の計測にも対応。ハードウェア的にはeSIMにも対応しますが、日本でeSIMは利用できません。

販路はAmazon.co.jpなどのECサイトや、各家電量販店など。希望小売価格はアクティブモデルが5万380円(税込、以下同)、クラシックモデルが5万4780円です。

製品の詳細は発表時の記事もご覧ください。

ファーウェイ、「HUAWEI WATCH 3」7月30日国内発売 HarmonyOS 2搭載