engadget

ファーウェイ・ジャパンは、3D曲面ガラスを採用した「HUAWEI WATCH GT3」を12月3日に発売します。

「HUAWEI WATCH GT3」は、46mmモデルが1.43インチ、42mmモデルが1.32インチの有機ELディスプレイを搭載したスマートウォッチです。解像度はいずれも466 x 466で、常時表示にも対応します。

engadget

従来モデルからの進化点としては、2.5D加工のサファイアガラスを風防に採用したことで、よりエレガントな見た目となっているほか、Apple Watchのような回転式のデジタルクラウンも備え、より直感的に操作できるようになっています。

心拍数モニタリングのアルゴリズムも刷新し、雨が降っている際にも心拍数を測定可能。GPSやグロナスなど5種類の測位システムに対応し、ランニングなどのワークアウトも本機単体でルートを記録できます。

血中酸素測定や体表温度の測定も可能で、ストレスや睡眠といった健康管理デバイスとしても訴求しています。

engadget
engadget

46mmモデルの場合、通常使用で14日間、ヘビーユースでも8日間持続する長持ちバッテリーも売りにします。なお、42mmモデルのバッテリーの持ちは46mmモデルの半分です。

engadget
engadget

税込本体価格は、HUAWEI WATCH GT 3(46mm)のスポーツバンドが3万1680円、クラシックバンドが3万4980円。HUAWEI WATCH GT 3(42mm)のスポーツバンドが3万580円、クラシックバンドが3万3880円です。

ランナーに特化した HUAWEI Watch GT Runner

加えて、ランナーに特化した「HUAWEI Watch GT Runner」も用意します。こちらは、筐体の軽量化に加えて、アンテナ強化しGPS信号の補足をより高速化したモデル。ランニングなどで、より正確な位置情報を測定できます。

engadget

engadget

また、ランニング能力を推定する「ランニング能力指数」という独自機能を搭載し、センサーで計測した実績に基づいて『5kmランなら何分』『10kmランなら何分』『フルマラソンなら何分』といった具合に、成績を予測する機能も搭載します。

engadget

「HUAWEI Watch GT Runner」の本体価格は3万4980円です。