ファーウェイ、約1万円のWi-Fi 6対応無線LANルーターを発売。独自規格採用で実行速度を高速化

NFCを使った簡単接続にも対応

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年07月31日, 午前 11:00 in huawei
0シェア
FacebookTwitter
HUAWEI WiFi AX3

ファーウェイ・ジャパンは、同社独自規格「Wi-Fi 6 Plus」対応の無線LANルーター「HUAWEI WiFi AX3」を8月14日に発売します。市場想定価格は9980円(税別)。ファーウェイ 楽天市場店、ファーウェイ PayPayモール店ほか、家電量販店、ECサイトなどが取り扱います。

「Wi-Fi 6 Plus」は、既存帯域の効率を高めることでWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)と同等ながら実測値の高速化を実現した同社の独自規格。本製品はその「Wi-Fi 6 Plus」に対応し、「Gigahome 650」という1.4GHzクアッドコアプロセッサを搭載した製品です。5GHz帯と2.4GHz帯のデュアルバンド構成となり、いずれも2×2 MU-MIMOに対応。最大通信速度は5GHz帯が2402Mbps、2.4GHz帯が574Mbpsとなります。

160MHzのバンド幅をサポートする本機では、接続する端末が160MHzに対応する場合(HUAWEI製のフラグシップスマホ、タブレット、PCなどはいずれもWi-Fi 5対応機でも160MHzをサポートしているそう)、従来機より実際のスループットレートが60%以上も向上するとされています。また、ファーウェイによれば、Wi-Fi 5対応製品比でレイテンシ(遅延)を3分の1以下に抑えたことで、ルーター本体だけでなく、接続先のスマホやタブレットの消費電力も下げられるとのこと。

なお、最大通信速度を実現するには、接続するデバイスもWi-Fi 6 Plusに対応していることが条件。日本国内で販売されているWi-Fi 6 Plus対応スマホは「HUAWEI P40 Pro」のみです。

HUAWEI WiFi AX3
折りたたみ式の外部アンテナを4本備える。

「HUAWEI WiFi AX3」は簡単にWi-Fi接続ができる「Huawei Share」と呼ばれる機能を備えるのも特徴です。NFCを備えたAndroidスマホなら本製品にかざすだけで接続が完了、SSIDやパスワードの入力が不要になります。

ただ、iOS端末に関しては現時点でNFCによる接続に非対応。その代わりに本製品背面のQRコードを読み取ることで簡単に接続可能とされています。また、接続管理ツールについてもiOS端末の場合は、アプリではなくブラウザ経由でアクセスする必要があります。

HUAWEI WiFi AX3
HUAWEI WiFi AX3

このほか、セキュリティにも配慮されており、不正アクセスを自動で認識、攻撃者をブラックリストへ追加してくれる機能を搭載します。

HUAWEI WiFi AX3
「HUAWEI WiFi AX3」の背面。WANポートx1、LANポートx3、リセットボタン、電源ボタンを備える

仕様表

HUAWEI WiFi AX3

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: huawei, Huawei P40, huaweip40pro, huawei matebook, Wifi, WiFi 6, Rutor, news, gear
0シェア
FacebookTwitter