コンセントが減らない超小型USB-C充電器、HyperJuiceが発表。16台64ポート1600Wまで連結可

元HyperMacさん

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年09月30日, 午前 09:03 in hyper
0シェア
FacebookTwitter
HyperJuice
HyperJuice

モバイルバッテリーや充電器の老舗 Hyper が、連結可能なACコネクタを備えた小型のUSB-C充電器 HyperJuice Stackable GaN Charger を発表しました。

充電器としての基本仕様は、ノートPCも充電できるUSB-PD対応100W・65Wの大出力でありながら、窒化ガリウム(GaN)半導体の採用で手のひら・手の中サイズの小型。

さらに本体に1500Wまでパススルー可能なAC差込口を備えたことで、コンセントが足りなくても取り合いにならず、充電器どうしを連結しても使えることが最大の特徴です。

HyperJuice
HyperJuice

米国 Sanho Corporation のHYPERブランドといえば、大出力モバイルバッテリーが現在ほど普及していなかった時代から、MacBook を充電できるバッテリー HyperMac で名を挙げたメーカーです(後に HyperJuiceに改名)。

そのHyper がキックスターターでキャンペーンを開始したのが、連結可能な HyperJuice Stackable GaN USB-C Charger (65W / 100W)。

65Wバージョンは72 x 36 x 30.5mm、約103gと小型軽量で、最大18W出力のUSB-Aポート(QC 3.0対応)と、合計最大65W出力のUSB-Cポート x2 (USB-PD 3.0対応)の計3ポートを備えます。

100Wバージョンは約85 x 45 x 30mm、166g。USB-Cポートがひとつ増えて計4ポート。

どちらもツメを畳めるACプラグと、背面にAC差込口をひとつ搭載します。

HyperJuice
HyperJuice

空港などで共用のコンセントを使おうとしたら既に埋まっていて困ったり取り合いになるのはよくある話ですが、HyperJuiceスタッカブルは1500Wまでの機器ならばそのまま接続して利用可能。

仮にHyperJuiceスタッカブル充電器どうしをどんどん連結した場合、100Wバージョンならば計16台64ポート1600W出力の大充電ステーションになります。

HyperJuice
HyperJuice

市販は2021年前半予定。予価は65Wバージョンが79.99ドル、100Wバージョンが99.99ドル。

現在は一般販売に先立ち、クラウドファンディングサービスの Kickstarter で先行購入希望者からのバックを募っています。そちらのメニューは最安アーリーバードが65W品 40ドル、100W50ドルなど。期間は10月26日までですが、残念ながら日本への直送は受け付けていません。

HyperJuice Stackable GaN Charger (65W & 100W USB-C) by HYPER by Sanho Corporation — Kickstarter


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: hyper, HyperJuice, Sanho, USB-C, USB Charger, GaN, news, gaming
0シェア
FacebookTwitter