Hyundai
Hyundai

Project Titanとの名称で開発されている、アップルの自動運転EVは、生産を担当する自動車メーカー探しの段階に差し掛かっており、先週金曜日にはヒュンダイがその交渉のテーブルに着いていることが報じられました。そして現在、その交渉は3月までにまとまるだろうとの予測をReutersが伝えています。

Reutersは、Korean IT Newsが報じた内容として、ヒュンダイがアップルとの間で自動運転EVのパートナーシップを「3月までに締結し、2024年頃に米国内で生産を開始する」と報じたとしています。ではどこでそのクルマを作るかが気になるところですが、米ジョージア州にあるヒュンダイ傘下の起亜自動車の工場を使う、または新規に工場を共同で設置するという2案が出ているとのこと。工場を新設した場合の年間生産能力は40万台とされ、2024年頃とされる生産初年度には10万台を生産する予定だと伝えました。

さらに、ヒュンダイとアップルは2022年にも量産に向けた”ベータ版”の試作車を製造予定だとされ、これまでの予想よりも早く(試作車ではあるものの)その姿を目にすることになるかもしれません。

ただ、記事執筆時点でKorean IT Newsを検索してもヒュンダイとアップルの記事が見つけられません。Reutersは元記事が更新されて生産場所と生産能力、ベータ版車両の生産の時期などについての情報が削除されたとしており、話題としてはトーンダウンしているのが気がかりです。

source:Reuters