※動画内でiPhone 12が6色と言ってますが、正しくは5色となります。


10月23日、いよいよ発売となるiPhone 12、同Proの実機です
こちらが今回のパッケージ。いきなり薄くなりました
従来のモノと比べると約半分……とまではいきませんが、かなり背が低くなっています
付属品は、SIMピンとUSB-C - Lightningケーブルのみとなりました

併売モデルのパッケージも、同様にコンパクトサイズに変更されています。充電器はタイプAではなくCの口がついた20W出力のものを用意すると、より急速に充電されます。

Gallery: iPhone 12 / Pro実機フォトギャラリー | of 23 Photos

  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan

カジュアルで親しみやすいiPhone 12

まず、iPhone 12の外見を見ていきましょう。全5色のモデルありますが、こちらで紹介するのはグリーンのモデルになります。 ※初出時6色と記載しておりましたが正しくは5色です。お詫びして訂正いたします。

iPhone 12シリーズのニューノーマル
背面はツルツルのガラス
カメラは広角と超広角のデュアルで、両レンズともナイトモードに対応しました
夜の街もかなりエモい感じに撮れるように
側面のエッジはアルミニウム製、手触りはサラリとした感じです

iPhone 12 Proはエレガントな雰囲気

ハイエンドモデルとなるiPhone 12 Pro
新色のパシフィックブルー。ほかに3色、計4色あります。背面ガラスは11 Pro同様のマットな処理が施されています
カメラは広角・超広角に望遠レンズを加えたトリプル構造
4倍の光学ズームが利用できます。看板もクッキリ

さらに5メートルまでの深度を計測できるLiDARスキャナを搭載し、暗所でのポートレート撮影や、より高度なAR表現が可能となっています。

側面のエッジ部分はステンレススチール製。アルミに比べると指紋が付きやすいですが、サラッと拭えます。とても高級感のある仕上がり

Gallery: iPhone 12 Pro作例集 | of 18 Photos

  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan

両モデルとも堅牢ボディーに

ガラスにはナノセラミック クリスタルが組み込まれ、強度が向上しています

側面と高さを合わせるなど構造上の工夫も手伝い、従来モデルの4倍割れにくく、表面の傷に対しても強くなったといいます。

共に6.1インチ有機ELディスプレーを搭載

解像度はどちらも同じ2532×1170ドットですが、標準時の輝度はiPhone 12が625ニト、Proが800ニトと、後者のほうが高くなっています。HDR表示時の最大輝度はどちらの機種も1200ニトですので、撮影した写真や動画を観る際は、いずれも遜色ない綺麗な画質で楽しめます。

炎天下でそれぞれの輝度をマックスにした状態。右のProのほうが少し明るい

MagSafeでアクセサリーにも変化

iPhone 12シリーズはMagSafeに対応しています。背面に高感度磁気センサーとNFCで構成されたコイルを内蔵しており、充電器やその他のアクセサリーを定位置に固定、それぞれに合った機能を呼び出すことができます。

磁場の見える秘密のシートで本体背面をスキャンすると…

Magな存在をひしひしと感じます。とはいえ、クリップなどを近づけてもくっついたりはしません。対応機器のみがくっつく仕様になっています。

こちらがApple純正のMagSafe充電器
iPhone 12シリーズの背面に近づけるとピタッとくっつきます(動いて見えない場合、標準ブラウザーに切り替えてご覧ください)

Qiだと最大7.5W充電になりますが、MagSafeだと最大15Wで、理論値では2倍高速に充電が行なえます。Android端末ではQiでも10W以上の高速ワイヤレス充電に対応した端末がありますが、Appleは安全性を考慮し、このような仕様にしたものと思われます。

ちなみにQi充電と互換性もあるので、iPhone 8以降のモデルやAirPods、Android端末のQi充電も行なえます(7.5Wまで&ピタッとはくっつきません)

Apple純正ケースも、MagSafe対応のものとなっています。ケースに装着した際、その上からMagSafe対応製品をくっつけることができます。

シリコンケース(キプロスグリーン)とクリアケース
内側
NFCによる判別機能で、装着したケースの色に合ったサークルが表示されるという凝った演出があります(動いて見えない場合、標準ブラウザーに切り替えてご覧ください)
シリコンケースの手触りは、これまでのものよりペタ付く感じがなくなった気がします

今回、レザーケースが本体発売時点で発表されていませんが、そのぶんほかのケースの高級感が増したように思いました。

MagSafeの接点をそのままデザインに活かしたクリアケース。従来のものより指脂が付きにくくなった気も
ほか、Appleからレザーウォレットが販売されていて、本体に直接または純正ケースの上から装着し、カードなどを入れておくことができます
MagSafeにはMFi認証プログラムがあり、サードパーティ製の対応製品も今後増えていく見込みです(写真はベルキンのMagSafe 3-in-1 ワイヤレス充電器)

iPhone 12発売前にサードパーティから発売されたケースは、MagSafe対応ではありませんが、薄いものなら反応する場合がありました。むろん、保証外なのでMagSafeが外れてしまったり、高速充電が行なわれなかったりする可能性もあるので注意です。Qi対応とあってもMagSafeとは限らないので、ケースに入れたい方はApple純正か、MFi認証ロゴ入りのケースを購入しましょう。

伝導体を内蔵しないケースでも本体の磁力が通る場合はありますが、保証外なのでMagSafe対応と記載のないものは、7.5WまでにはなりますがQi充電にしておいたほうがよさそうです

iPhoneでの体験がガラリと変わる

iPhone 12シリーズは全モデルにA14 Bionicを搭載しています。

Geekbench 5のスコア。ちなみにiPhone 11シリーズのスコアは6000台

iPhoneを通したあらゆる体験が、このA14 Bionicをコアによりパワーアップしています。

立った立った5Gのアンテナが立った!

iPhone初「5G対応」です
4Gと5Gは、スマートデータモードで効率よく切り替えられます

オート(デフォルト値)にしておくことで、必要ないときは4Gに切り替えバッテリー消費を抑えます。

データモードの設定を変更すると、FaceTimeなどのビデオ品質を上げることができます
iPhone 12を事前に試用されているライターさんたちにご協力いただき、5G回線でFaceTime通話。4G接続とは明らかに違う画質で、音声の遅延もありませんでした

現時点では、まだ5Gエリアがスポット展開に過ぎず、私たちもFaceTimeをHDで体験するために電波を探し回る必要がありましたが(ちなみにiPhone 12の場合、Wi-FiでもHD通話になると後から知りました……)今後、急ピッチで5Gエリアが拡充されていくのは確実です。年内に無理して5G契約に変更する必要はないと思いますが、iPhone 12未満と以降で、スマホ体験がよりリッチになっていくのは間違いないでしょう。

iPhone 12シリーズは、あとiPhone 12 Pro MaxとiPhone 12 miniが11月13日に遅れて発売となります(予約開始は同月6日~)。手振れセンサーを搭載し、iPhone 12 Pro以上に高度な撮影機能をもつMaxと、5.4インチとコンパクトながらiPhone 12と同じ機能をもつmini、すでにiPhone 12を買った人も気になっているハズ。

左からiPhone mini(モック)、iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max(モック)。画面サイズは順に5.4インチ、6.1インチ、6.1インチ、6.7インチ

Apple製品の最新情報、新機種レビューは引き続きEngadget 日本版にて、どうぞ、よろしくお願いします。

関連記事:

いい意味で予想を裏切ってきたiPhone 12|12 Proのカメラ ホワイトバランスと暗部階調が劇的改善(本田雅一)

SIMフリーiPhone 12で5Gを試す  取り扱いなしの楽天は?(石野純也)

実機で感じたiPhone 12|12 Proの違い。どちらを選ぶかは「価格」か「将来性」の2択(西田宗千佳)

iPhone 12|12 Proを手にしたら、まず試してほしいこと(石川温)

iPhone 12|12 Proを持つと被写体と5G探しの旅へ出たくなる(松村太郎)