スマホケース、大事!

これは経験したことのあるウッカリ者だけが知っている感情だと思うのですが、スマホって割れる時は本当にアッサリ割れるし、割れた瞬間の「3秒でいいから、時間戻って?」っていう悔しさは、何年経っても胸をチクチク刺すんですよね。ほんと悔しい。

一度だけ「西海岸生まれのiPhoneのシンプルでスタイリッシュなたたずまいをダイレクトに味わおう」とか思って、スマホケースなしでiPhoneを持ち歩いたことがあります。それまでまったく落としたことがなかったから、いけるかなって思っちゃったんですよね。で、嘘だろ?って自分でも思うのですが、その翌日に電車の自動改札機を抜けようとして落っことし、まんまとiPhoneの背面にヒビが入りました。人間、いつなんどき悲劇の主人公になるかわからないんですよ。

ということで、サンクレストさんのiPhoneケース「IJOY(アイジョイ)」をいくつかお借りして使ってみました。

ゴリゴリに硬すぎないのに安心感があっていいケースです。しかも、暗闇で光る「蓄光シリーズ」です!

ぷるんとかわいい

iPhoneの側面を守るカバーと背面を守るパネル、そして画面フィルムがついています。シンプルなのでシールめっちゃ貼りたい。

▲この三つを組み合わせてガッチリiPhoneを守るんですね。画面フィルムには「画面に貼る前にはがしてね」と注意書きがあります。気さくでかわいい

装着するとこんな感じです。

▲ぷるっとしてます

ふにゃふにゃすぎず、硬すぎずで安心感あり。手に馴染みます。あと実際に装着してみてわかったのですが、めちゃシンプルなのに、ぷるんとかわいいんですよね。ほら、ハンガーにかかっている時は特徴がよくわからなかったけれど、試着するとすごく似合う服ってありませんか?あの印象に似てます。

▲背面が透明なのでAppleのロゴもきれいに見えます。あと私はケースの内側にメモを挟むことがあるので透明だと助かる〜

背面のパネルは透明なんですが、側面のピンク色がうすーく映り込むのがなんとも好みでした。くるっと傾ける時に、レンズのあたりがほんのりピンク色に染まるんですよね。さりげなくかわいい。

光る。

こちらの製品は「光る」ことが特徴です。側面を守るぷるっとしたところが蓄光になっています。ってことで光らせてみました。光にかざし、真っ暗な部屋に持っていくと……?

▲めちゃくちゃ光ってる!!暗闇の中でスマホを見失ったとしても、蓄光に導かれて掴んでしまえばこっちのもの

写真だとバキバキに光ってますが、実際の肉眼ではもっとふんわり光って見えます。ちなみにこちらはiPhone 12 Pro をもういっこ友達に借りて撮影しました。いやはや暗闇でもキッチリ撮れるもんですね。図らずもスマホの性能の高さまで実感することになりました。

また、今回お借りしたIJOYは3色ありましたが、暗闇で光らせた場合は、どちらも白っぽい発光でした。

スマホケースが光るメリットを考えてみた

発光してくれた時点でかなり満足したのですが「これ、いつ便利なのかな?」という点も考えてみました。

蓄光なので、時間と共に発光は弱くなります。なので瞬発力重視なんですよね。

となると、キャンプやアウトドアで、じわじわと日没してから「あれ、スマホどこ?」ってフト気になるシーンでは少し頼りない。

でも寝室では大活躍しました。私はベッドに入るとGoogle Homeに部屋の照明を全部消してもらいます。で、消灯後にベッドサイドに置いてるはずのiPhoneがない!ってことがよくあるので、IJOYのボワーっとした発光に助けられました。IJOYが光ってないんだから寝室には絶対にないな、ってわかる。そういうときの私のiPhoneはたいてい洗面所に置き去りにされているんですよね。

最後に、単純かつ力強いメリットとしてお伝えしたいのは「おもしろい」ところです。「光るって書いてあるけどどんな感じかな〜」ってテストしていたときに、ボワ〜ンとIJOYが浮かび上がったのを見た瞬間、なぜだか爆笑しました。めちゃおもしろかった。箸が転んでもおかしい年頃はとっくにすぎていますが、おもしろいものはおもしろい。プリミティブに楽しいんですよ。

ということで、気さくでシンプルで心強いIJOY、iPhoneのお供におすすめです!

関連リンク:サンクレスト