今秋リリース予定のiOS 15は、「集中モード」の搭載や通知機能の強化など、集中力の持続をサポートする機能が豊富です。「アクセシビリティ」に追加された「バックグラウンドサウンド」もそのひとつ。単調なノイズを再生し、気が散るのを最小限に抑えてくれるのが特徴で、日々の仕事やリラックスタイムに役立つこと間違いなし! 使い方をご紹介します。

なお、本記事ではパブリックベータ版のiOS 15を利用しているため、正式版として公開されるものと画面や手順が異なる場合があります。

「バックグラウンドサウンド」を利用する

「バックグラウンドサウンド」を利用するには、まず「設定」アプリで「アクセシビリティ」へと進みます。続いて「オーディオ/ビジュアル」をタップし、「バックグラウンドサウンド」を選択しましょう。

▲「設定」アプリを開き、「アクセシビリティ」内の「オーディオ/ビジュアル」へと進む(左)。続いて「バックグラウンドサウンド」をタップ(右)

「サウンド」をタップすると、再生するサウンドの種類を選択可能。現在は「バランスの取れたノイズ」、「ブライトノイズ」、「ダークノイズ」、「オーシャン」、「雨」、「ストリーム」の6種が用意されています。サウンドを選んだら、「バックグラウンドサウンド」をオンにして再生しましょう。

▲「サウンド」をタップして、再生したいサウンドを選びます(左)。「バックグラウンドサウンド」をオンにすると再生開始(右)

その名の通りバックグラウンド再生が行われるため、ホーム画面に戻ったり、別のアプリを開いたりしても大丈夫。最近は動画配信サービスなどにも「作業用BGM」が多くアップされていますが、つい関連動画などが見たくなって作業を中断してしまいがち。その点、「バックグラウンドサウンド」は視覚的なノイズが一切ないので、スマホの画面が気になることもありません。周囲の雑音が気になる人はもちろん、静かすぎる環境が苦手な人にもおすすめです。

▲音量は0~100の間で調整可能(左)。「メディアの再生中に使用」をオンにすると、ほかのアプリのサウンド再生と並行して使えます(右)

コントロールセンターから操作可能

「バックグラウンドサウンド」は、コントロールセンターでも操作可能。オン/オフの切り替えはもちろん、サウンドの変更や音量調整等の細かな設定も行えます。

▲コントロールセンターを開き、「聴覚」をタップ(左)。「バックグラウンドサウンド」を押すと、サウンドの再生が開始して設定を変更できます(右)

Gallery: 「バックグランドサウンド」のちょうどい雑音で作業が捗る!:iPhone Tips【iOS 15パブリックベータ】 | of 4 Photos

  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>

※パブリックベータ版iOS 15の画面は、取材に基づく特別な許可を得たうえで掲載しています。