iCloud for Windows
Gonzalo Fuentes / reuters

アップルは10日(米現地時間)、Windows PCユーザーが同社のクラウドサービスの一部機能を利用できる「iCloud for Windows」のアップデートを公開しました。

最新版では強力なパスワード生成と運用に関する機能や、Apple ProResビデオおよびApple ProRAW写真のサポートが追加されています。


今年に入ってから「iCloud for Windows」のアップデートはめざましく、8月にはパスワード管理機能が追加され、ユーザーはWindows PCからもiCloudに保存された認証情報にアクセスできるようになりました。

そして今回の最新版ではWindows PCでもMacやiPhoneと同様に、アプリやWebサイトで使える強力なパスワードの自動生成が可能となり、iCloudを通じたパスワード管理がさらに快適かつセキュアに進化しました。

iCloud for Windows

また新たにサポートされたProRAWおよびProResフォーマットは、前者が静止画像、後者がビデオ用のコーデック(データの圧縮・変換・復元を担当する)。1つのファイルにより多くの情報を保存しつつ、品質の低下を抑えるものです。

ProRAWおよびProResは、ともに近年のフラッグシップiPhoneで撮影が可能になったフォーマット(前者はiPhone 12 Proシリーズ、後者はiPhone 13 ProとiOS 15.1以降)です。今回の更新により、これらで撮った画像や動画をWindows PCに同期して表示できるようになりました。


またクラウドストレージアプリとしても大きな機能強化が。同種アプリで定番の「共有ファイル/フォルダの参加者を追加したり、削除できる」機能がついに追加されました。

リモートワークでの協働作業には必須といえる要素だけに、さらに便利に使えることになりそうです。


Source:Microsoft Store

via:9to5Mac