iCloud
Rafael Henrique/SOPA Images/LightRocket via Getty Images

あるiCloudユーザーが名前にまつわるバグのために、6か月間もログインできずに締め出されていると苦境を訴えています。

俳優で作家のRachel Trueさんは、iCloudにログインしようとするとエラーが発生した画面をTwitter上でシェアしています。そこにあるエラーメッセージは「cannnot set value 'true' to property 'LastName' on(プロパティ「LastName」に値「True」を設定できません)」というものです。

つまりiCloudは彼女の苗字「True」をブール値(論理値。True(真)またはFalse(偽))フラグだと解釈しているため、ログイン処理を止めていると推測されます。Trueさんは半年も解決策が見いだせず、アップルのサポートと電話で何時間も相談したことも報告しています。

当然ながら、Trueさんはアクセスできなかった期間中もiCloudの料金を支払い続けています。しかしアップルはその間についても請求を免除せず、Trueさんの苛立ちも募るばかり。無料プランに切り替えることもできますが、それではクラウドにあったデータのほとんどを失うことになり、立ち往生しているしだいです。

しかし、この問題はまもなく解決されるかもしれないようです。後にTrueさんは月曜か火曜(記事執筆時点で今週の初め)にアップルから連絡が来るかもしれないとつぶやいています。

それに対するリプライには、一番早い解決策は結婚して配偶者の姓に変えることだが、新たな姓が「Null」ならまた問題が起こるかもしれないとのジョークも見受けられます。

サーバーやOSが名前をフラグと勘違いすることは稀なケースですが、決して可能性はゼロではありません。少なくともユーザー名に「rm rf(UNIX系サーバー上のデータ全削除コマンド)」を含めることは避けた方がよさそうです。

 

Source:Rachel True(Twitter)

via:9to5Mac