モバイルICOCA (仮称) 2023年春開始

チャージや定期券購入も可能に

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年10月16日, 午後 04:16 in icoca
0シェア
FacebookTwitter
ICOCA

西日本旅客鉄道(JR西日本)は10月16日、スマートフォンアプリでICカード乗車券「ICOCA」の機能が使える「モバイルICOCA(仮称)」を2023年春から開始することを明らかにしました。

物理カードの「ICOCAカード」と同様に、対応するスマートフォンを駅の改札機にタッチして通過できるほか、対応店舗での支払いにも利用可能になる予定です。また、モバイルICOCAアプリから、チャージ残額や利用履歴の確認に加えて、定期券の購入、払い戻しなどが可能になるということです。

さらに、新幹線のチケットレス乗車サービス「スマートEX(東海道・山陽新幹線)」や、「新幹線eチケットサービス(北陸新幹線)」にも対応予定。スマートフォン1台とモバイルICOCAだけで、新幹線の予約・支払いから乗車まで対応できるとしています。

JR西日本によりますと、モバイルICOCAとMaaSアプリ「WESTER」「setowa」を連携し、移動や観光を便利に利用できるサービスも検討しているということです。


source:西日本旅客鉄道



【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: icoca, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents