中国レノボはミッドレンジ市場向けの新型Chromebook「IdeaPad 5i」「IdeaPad Flex 5i」を海外発表しました。

IdeaPad 5iの最大の特徴は、タッチパッドの前部のライトバーです。このライトバーは発光することで、バッテリー残量を教えてくれます。画面を見なくてもバッテリー残量がひと目で分かる、なかなか優れたアイデアです。

IdeaPad 5iの基本スペックとしては14インチ/FHD解像度のタッチ対応IPS液晶ディスプレイを搭載し、CPUはIntel Pentium/Core i3/Core i5でRAMは4GB/8GB、内蔵ストレージは128GB/256GB/512GB。本体重量は1.42kgでバッテリー駆動時間は最大10時間となっています。

IdeaPad 5iの本体カラーはサンド/ストームグレイの2色で、価格は399ユーロ(約5万3000円)からとなっています。

IdeaPad Flex 5iには先述のライトバーは搭載されず、またディスプレイサイズも13.3インチへと若干小型化。その代わり、画面が裏側まで回転することでタブレットとしても利用できます。CPUはインテルの Celeronプロセッサが、画面は液晶だけでなく有機ELディスプレイも選択可能となります。本体重量は1.35kgとなっています。

IdeaPad Flex 5iの本体カラーはアイロン・グレーとアブス・ブルーの2色で、価格はIdeaPad 5iと同じく399ユーロ(約5万3000円)からとなっています。なお、IdeaPad 5iとIdeaPad Flex 5iのどちらも7月から販売が開始されます。

Source: Lenovo

Via: 9to5Google