iFixit
iFixit

注目デバイスが発売されては、いち早くまな板に乗せてかっさばくことに命をかけるiFixitが、新たな獲物Apple Watch Series 7をさっそく三枚におろしています。今回、iFixitは41mmモデルと45mmモデル両方を入手して分解しています。

まず目に入るのは、45mmモデルに入っているバッテリーの容量増加。従来の44mmモデルの1.17Whに対して1.189Whバッテリーとなり、1.6%増えています。一方、41mmモデルは1.024Whから1.094kWhへ6.8%増量しました。

またSeries 7には従来のApple Watchにあった隠し診断ポートが見当たりません。これはおそらく埃の侵入対策のためではないかと推測されます。スピーカー穴の裏側にメッシュを貼り付けるようになったこともまた、埃対策の一環とされ、これらが新たに適合したIP6Xの防塵性能を提供しています。

一方、Series 7のディスプレイは生産が難しいとされますが、その理由としてiFixitは従来の2本だったテープケーブルを1本に変えたことを挙げています。見た目には単純な変化に見えるものの、この変更は簡単に実施できるものではないのだとか。またOLEDディスプレイにタッチ機能を統合したオンセルディスプレイを採用したことも、技術的に生産を困難にし、Series 7の発売を遅らせた原因だろうと説明しいます。このディスプレイはiPhone 13と同じ仕組みのものだとのこと。

iFixitは総評としてディスプレイ、Taptic Engine、バッテリーなどの重要な部品が簡単に交換できるとし、この最新スマートウォッチの修復性評価を10点満点中6点としました。

Source:iFixit