IIJmioが1GB刻みの従量制プラン提供、1GBごとに200円

最初の1GBは480円、「新しい生活様式」に対応

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年08月20日, 午前 10:40 in news
0シェア
FacebookTwitter

IIJの個人向け格安SIM「IIJmio」に、1GB刻みの従量制の「IIJmio モバイルプラスサービス 従量制プラン」が登場しました。

最初の1GBは480円、以降は1GBごとに200円

同プランの特徴は、1GB単位で使った分だけ課金される点です。料金は最初の1GBがSMS付きSIMの場合が月480円。音声通話付きSIMの場合が月1180円。2GB以降は1GB単位で200円づつ加算され、最大20GBまで利用できます。(1GB→2GBのみ220円の加算)

ネットワーク回線はau網を利用。『意図せず使いすぎてしまう』という不安を払拭するため、データストッパー機能も用意します。上限超過後は200kbpsでの通信となります。

新型コロナウイルスに伴う「新しい生活様式」では、毎月のデータ通信量の変化が大きくなる傾向があるといい、使った分だけ課金の従量制プランを提供することで、ユーザーに対してお得感を打ち出す狙いがあります。

なお、9月30日までの期間限定で、新規に従量制プランを申し込んだユーザーを対象に、初期費用の3000円が1円になるキャンペーンを実施します。また、MNP転入で契約したユーザーを対象に「AQUOS sense2 SH-M08」「Xperia Ace」「iPhone 8 64GB(中古)」を特別価格で販売します。

Source:IIJ

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: news, gear
0シェア
FacebookTwitter