インターネットイニシアティブ(IIJ)は、5GのSA(スタンドアローン)方式に対応したeSIMを開発し、市販のスマートフォンで動作検証を完了したと発表しました。

eSIMは、物理SIMのように“挿し替える”という概念がなく、遠隔で契約情報を書き込めるのが特徴。市場に出回っているサービスも開通の手続きが専用ウェブサイトや端末で完結できるものがほとんどです。

IIJは、SIMカードベンダーの G+D Mobile Security社(ドイツ)と共同でeSIMを開発し、SIMカードに保存されている加入者識別情報を暗号化するなど、特にセキュリティの強化を図ったとしています。

開発背景

開発の背景についてIIJは次のように説明しています。

現在、キャリアが提供している5Gサービスは、4Gのコアネットワーク基盤に5G基地局を追加したNSA(ノンスタンドアローン)と呼ばれる方式で構築されています。

5G NSA方式では、5G基地局とは別に4G基地局も運用している必要があるため、設備の二重投資となることから、特にローカル5Gのような自営網では導入が困難となっています。

一方、5G SA方式は5G基地局のみで利用でき、5G NGC(次世代コア)と組み合わせることで、高速通信や低遅延・多数同時接続などを享受できるとしています。

ローカル5Gなどでの活用を想定

IIJによりますと、開発したeSIMは、主にローカル5GのIoTや、M2M(Machine to Machine)デバイスでの利用を想定しているということです。また、プラスチックのSIMカードについても、5G SA方式に対応するように開発を進めていくとしています。


source:インターネットイニシアティブ