IIJmio

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、すでに同社のサービスを契約している人に対し、新料金「ギガプラン」への変更を待つよう呼びかけています。

この理由について同社は「サーバーへのアクセス集中を緩和するため」と説明しています。同社がツイートした内容は次の通りです。

ちなみに既存プランのユーザーが、4月1日から29日にギガプランへの変更手続きを行うと、5月1日からギガプランの内容が適用されます。

ギガプランは通信容量を2GB、4GB、8GB、15GB、20GBから選択でき、eSIMに対応する新料金プラン。NTTドコモとauの回線に対応します。音声通話付きSIMでも1000円以下という点が注目されそうです。

1契約で最大10回線まで利用でき、同一契約内のギガプラン回線であれば、データ容量の共有ができます。また、同社は5Gオプション(無料)を6月から提供する予定です。

▲IIJmio「ギガプラン」の料金表

ギガプランの詳細については本誌速報記事や石野純也氏による解説記事をご参照ください。

関連記事:

IIJmio、2GBが税込440円からのギガプラン 5Gにも対応予定

値下げだけでなく帯域自体も増強 IIJmioギガプランの戦略を読み解く(石野純也)