IIJ

格安SIM「IIJmio」を提供するインターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は7月27日、NTTドコモの3Gエリアの一部で、2022年1月から音声通話やデータ通信が使えなくなるとして、利用者に注意を呼びかけています。

NTTドコモの3G周波数帯は2GHz帯と800MHz帯で、2022年1月より順次2GHz帯を停波し、800MHz帯(以降、FOMAプラスエリアと表記)のみに変更となる予定です。

そのため、FOMAプラスエリア非対応の機種は、2022年1月から一部エリアで、音声通話やデータ通信が使えなくなります。これに伴い、IIJは「SIMカードサービス(下記)の利用に際して、段階的に影響が生じる」とし、問い合わせ窓口(03-5205-4400)もあわせて案内しています。

■ 対象サービス

IIJmio モバイルサービス

  • ミニマムスタートプラン

  • ライトスタートプラン>

  • ライトスタートプラン(eSIM ベータ版)

  • ファミリーシェアプラン

  • ケータイプラン

  • ギガプラン

IIJmio eSIMサービス

  • データプラン ゼロ

IIJmio IoTサービス

  • いちねんプラン

  • 上り高速プラン

IIJmio プリペイドパック

  • Japan Travel SIM for Unlocked phone

  • Japan Travel SIM

対象はドコモ網(タイプD)で利用可能な、すべてのSIMカード機能(データ、SMS、音声、eSIM)となっていますが、KDDI網(タイプA)については影響はないとしています。

なお、NTTドコモの3Gサービスの「FOMA」とインタネットサービス「iモード」は、2026年3月31日に終了するため、IIJはサービス終了までに 4G / 5G 対応機種への変更を勧めています。

関連記事:ドコモ、3G携帯「FOMA」と「iモード」を2026年3月末でサービス終了


IIJ
▲ IIJは上記についても案内している


Source:インターネットイニシアティブ