Boston Dynamicsのロボット犬がホークス戦を応援

スポーツイベントでのダンスはSpotの初挑戦

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年07月6日, 午後 06:30 in robots
0シェア
FacebookTwitter
Engadget

福岡ソフトバンクホークスとソフトバンクロボティクスは、7月7日から31日の間、福岡PayPayドームで開催するホームゲームで、Boston Dynamicsの四足歩行型ロボット「Spot(スポット)」とソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper(ペッパー)」によるコラボレーションダンスを実施します。

両社は新型コロナウイルス感染症拡大の影響により新しい観戦スタイルで行われているプロ野球公式戦を盛り上げるための取り組みとしています。なお、「Spot」がスポーツイベントでダンスを披露するのは、初の試みとなります。

Engadget

福岡PayPayドームのレフトスタンドに特設ステージを設け、7回裏のラッキーセブンの攻撃で「Spot」と「Pepper」が球団歌「いざゆけ若鷹軍団」に合わせて息の合ったチームダンスを披露予定。

さらに「Pepper」は、福岡ソフトバンクホークスの選手がヒットを打った時に、マスコットキャラクターのハリーとハニー、ダンス&パフォーマンスチームのハニーズと共にエールを送る他、ホームランを打った時には全員で「熱男ポーズ」をするなど、スペシャルパフォーマンスで福岡ソフトバンクホークスを応援します。

関連記事:

四脚ロボSPOTのボストン・ダイナミクス、SDKをGithubで公開。初の開発者カンファレンスも発表

ロボット犬に人力車を引かせる動画を『怪しい伝説』のアダム・サヴェッジが公開

source:ソフトバンクロボティクス

 

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: robots, Softbank, Boston Dynamics, news, gear
0シェア
FacebookTwitter