NECのクラフトビール「人生醸造craft」が即日完売。再販も予定

AIを利用して世代ごとの特徴をビールで表現

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年07月16日, 午後 08:00 in AI
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
Engadget Japan

日本電気(NEC)とクラフトビールメーカーのコエドブルワリーが7月15日に発売したクラフトビール「人生醸造craft」が、即日完売の大人気に。再販売・再醸造については現在検討中で、近日中に発表予定としています。

人生醸造craftの価格は350ml缶4本セットで、税別1400円。コエドブルワリーのWeb直販「コエドビールオンラインショップ」での販売となっています。

この「人生醸造craft」は、そのコンセプトがユニークな点が特徴です。セットになった4本はそれぞれ20代、30代、40代、50代向けとしており、メーカー側は「各世代の人生の軌跡を体験できる製品」と銘打っています。

その製造過程もユニークなもの。色と香り、そして味の方針は、それぞれの年代の方が過去に読んだ雑誌を参考とし、さらにその過程にはAIが導入されています。

具体的には、まずNECの最先端AI技術群「NEC the WISE」を用い、小学館提供による雑誌のファッション画像と文章を分析しました。分析対象の雑誌はCanCam、DIME、週刊ポストなど8誌の、過去約40年間に発行された記事です。

この分析からクラフトビールを楽しむ順番として一般的な「色・香り・味」の3ステップを数値化。ビール職人が20~50代の4世代の特徴を4種類のクラフトビールとして表現しています。

こうして完成した、4種のビールの特徴などは下記の通りです。

人生醸造craft~20's PINK~

ビアスタイル:ハーブエール

アルコール度数:3.5%

原料:モルト、ホップ、ラクトース、ハイビスカス

20代向けに醸造したハーブエール。アメリカ産ホップの柑橘系のアロマ、ハイビスカスによる酸味と淡いピンク色が特徴です。

人生醸造craft~30's BLUE~

スタイル:フルーツビール

アルコール度数:4.0%

原料:モルト、ホップ、ココナッツ、レモン果皮、青色色素(クチナシ)

30代向けに醸造したこのフルーツエールは、碧く、甘く香るココナッツとホップのトロピカルなアロマが特徴です。

人生醸造craft~40's YELLOW~

スタイル:クリスタルヴァイツェン

アルコール度数:5.5%

原料:モルト、ホップ

40代向けにに醸造したクリスタルヴァイツェンは、酵母由来のバナナを思わせるエステルとフェノールが織りなす複雑なアロマのバランスの良い纏まりが特徴です。

人生醸造craft~50's RED~

スタイル:オリジナルエール

アルコール度数:7.0%

原料:麦芽、ホップ、さつまいも

50代向けに醸造しオリジナルエール。スペシャリティモルトの配合と高めのアルコール分のバランスをとり、適度なボディ感とすっきりとした飲み口、芳醇な後味を同時に楽しんでいただける仕上がりです。

なお今回のクラフトビールの企画は、NECが手がけるAIを利用した味覚予測シリーズの第三弾商品ともなります。

過去には名作文学の読後感をAIで分析しコーヒーの味わいで再現したブレンドコーヒー「飲める文庫」(2017年発表)、2018年の新聞記事をAIで分析しその時代のムードをチョコレートの味わいで再現した「あの頃は CHOCOLATE」(2018年発表)を展開しています。

関連リンク:コエドビールオンラインショップ

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: AI, NEC, beer, food tech, news, gear
0シェア
FacebookTwitter