アップルが新iMacを発表しました。M1チップの搭載を前提に設計した初のMacで、デザインや本体性能、ディスプレイやオーディオなど、あらゆる面を刷新しています。4月30日から注文でき、発売は5月後半を予定。国内価格は税込15万4800円から。

M1前提で開発した恩恵の1つが、スリムで洗練されたデザインです。

M1はインテル製チップ搭載モデルと異なり、CPUやGPU・メモリなどシステムの各種要素を1チップ化したSoC(システム・オン・チップ)の方式を採用しているため、ロジックボードのサイズを大幅に削減可能。これによって、まるでiPadのようなスリムなサイズを実現したとアップルは説明しています。また、接地面積を削減したことで、設置場所の自由度も向上しています。

engadget
engadget

電力あたりの処理性能も飛躍的に向上。ファンを2基搭載するものの、通常使用では動作音が10デジベル以下となり、ほとんど気にならないといいます。

CPU性能も従来モデル比で最大85%、GPU性能もPhotoshopやAffinity Photoなどの特定アプリで最大2倍に向上。従来モデルのディスクリートグラフィックスよりも最大50%高速で、複雑な画像編集や動画編集も快適にこなせるといいます。

ディスプレイも刷新しており、ベゼル幅の削減によって、21インチの従来モデルからわずかに大きいサイズで24インチの大画面を実現。解像度も4480 x 2520のRetina 4.5Kと最上級で、P3の広色域と500nitの高輝度に対応します。環境光にあわせて色温度を最適化するTrueToneも備えます。

Mac史上最高のカメラ・マイク・スピーカー

現在の社会情勢に対応して、カメラ・マイク・スピーカーを刷新した点も見逃せません。

1080p解像度の新FaceTimeカメラはM1チップと密接に連携。センサーが取り込んだ一連のピクセルをM1内のISP(画像処理プロセッサー)が分析し、M1のニューラルエンジンが賢くホワイトバランスを調整します。

内蔵マイクはビームフォーミング技術を活用することで、ユーザーの口元から発せられる音声だけを拾い、背景ノイズを削減。また、PC本体からの反響音も削減し、内蔵マイクだけで自然な会話が行えるといいます。

スピーカーも進化しており、低音を強調するウーファーには、不必要な振動の発生を抑制するフォースキャンセリング機構を採用。これと中低音を担う計6つのスピーカーによって、強くはっきりした低音とクリアな中高音を楽しめます。さらに、内蔵スピーカーのみで空間オーディオに対応。アップルは『Mac史上最高のサウンドシステム』と説明しています。

キーボードはTouch IDに対応、インターフェイスも充実

インターフェイスは、超高速データ転送用の2つのThunderboltポートを含む、計4つのUSB-C端子を搭載。Pro Display XDRのような最大6Kのディスプレイに対応します。

Magic KeybordもiMacに合わせて7色展開となり、新たにTouch IDに対応。Apple Payなどの支払いに利用できるだけでなく、指紋を識別してMacアカウントもシームレスに切り替えられます。

給電端子にはMagsafeのように磁気で固定する新コネクタを採用。ケーブルはファブリックな見た目でインテリアにも配慮しています。

更にユニークなのが、ACアダプタにイーサーネット端子を統合した点。机の上をケーブルだらけにせずに有線ケーブルを用いた高速インターネットを楽しめます。

新iMacは仕様別に下記3モデルを用意します。差分はUSB-Cポートの数やカラバリ、イーサーネット端子付き給電アダプタの有無、Magic KeyboardのTouch ID対応有無、ストレージ容量など。

M1を搭載しつつも既存のフォームファクタを流用した「MacBook Pro」や「MacBook Air」と異なり、M1を前提に再設計したiMac。本機の魅力もさることながら、いずれMacBookにも同様の刷新が訪れることを考えると、Macシリーズ全体の今後の展開にも期待が膨らみます。

関連記事:

5分でわかるAppleイベントまとめ。7色カラバリ新iMac、M1搭載iPad Pro、落とし物トラッカーAirTagなど

Source:Apple

(更新)M1に関する表現を改めました