iPad Air

アップルの開発者会議WWDC20の開催を目前に控えるなか、2020年後半に新型iMacやiPad Airが、2021年前半には大型化したiPad mini等が発売されるとの噂が報じられています。

ウワサの発信源は、台湾の業界情報誌DigiTimesです。同誌の有料記事によると、アップルの2020年前半における新製品には「10.8インチのiPad Air」と「23インチのiMac」が含まれる可能性が高いとのこと。そして2021年上半期にはミニLEDディスプレイが搭載された8.xインチのiPad miniと12.9インチのiPad Proがリリースされる見込みと述べられています。

このうち10.8インチのiPad(Airとは特定されず)と8~9インチに大型化したiPad mini(現行モデルは7.9インチ)は、有名アナリストMing-Chi Kuo氏も予測していたもので、発売時期も一致しています。また23インチiMacの新型に関しては、やはり台湾サプライチェーンに詳しい工商時報が伝えていたところです。

ちょうど先週、新型iMacがWWDC20にて発売される可能性を裏付ける手がかりが相次いで報告されたばかりです。しかし、もしも実際の発売日がそれほど直近に迫っているなら、DigiTimesは「2020年後半」とは書かず、もう少し具体的に絞り込んだ時期を書いたかもしれないはず。

その一方では、アップルのインサイダー情報に詳しいSonny Dickson氏が「新型iMacがWWDCで発表される」とツイートし、なぜか27インチiMacの到着予定日に遅れが発生していました。これらの諸事情を総合すると「WWDC20では新型27インチiMacが発表、後日に新型23インチiMacがリリース」というステップを踏むのかもしれません。

Source:DigiTimes

Via:MacRumors