iMac
Apple

今年(2021年)中に再設計されたiMacが複数モデル発売されると噂されるなか、その1つが現在の最大サイズ27インチよりも「大きな」画面になるとの予想が伝えられています。

今回のウワサの出どころは、有名リーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)l0vetodream氏です。l0vetodream氏はiPhone SE(2020)やiPad Pro(2020)の発売時期を当てたほか、iPhone 12シリーズ全4機種の製品名を正確に予測した実績があります。

l0vetodream氏は現在ツイートを非公開としていますが、米9to5MacやMacrumorsなど複数の情報サイトが「iMacの画面は本当に大きく、最大のモノよりも大きい」とつぶやいたことを報じています。

アップルが現在販売しているiMacは、21.5インチと27インチモデルの2つです。つまりl0vetodream氏は、27インチよりも広い画面のモデルが準備中だと示唆していると思われます。アップルブランドのディスプレイといえばMac Pro(2019)とともに発売されたPro Display XDRが思い出されますが、その画面サイズは32インチ。もしかすると、そちらと統合した32インチiMacが登場するのかもしれません。

もっかアップルが2021年以来となるiMacのデザイン刷新計画が進めているとの観測は、今年1月にBloombergが報じていたことです。新デザインは画面がナローベゼルとなり、リンゴマークがある画面下の顎部分も狭くなり、背面もフラットな形状とされてPro Display XDRに似た外観になる、と述べられていました。

そのモデルの1つと予想されているのが、24インチ画面のiMacです。有名アナリストMing-Chi Kuo氏がAppleシリコン正式発表前に言及しており、おそらく現行の21.5インチと同じ本体サイズで狭額化により広い画面を実現すると見られています。それと同様のアプローチで、現在の27インチに近い本体サイズで画面を32インチに拡大する可能性もありそうです。

すでにアップルはハイエンドのiMac Proを販売終了しており、 21.5インチiMacも一部CTO販売を打ち切っています。その一方でmacOS最新ベータからはAppleシリコン搭載iMacの手がかりも見つかっており、まもなく公式に動きがあるのかもしれません。

 

Source:MacRumors,9to5Mac