Instagram
Instagram

Instagramは7月27日(現地時間)、これからInstagramで新規作成される16歳未満(一部国と地域によっては18歳未満)のアカウントを、デフォルトで非公開に設定すると発表しました。

Instagramはユーザーが新しい友人を作ったり、家族と繋がってほしいと考える一方、見知らぬ人からの不要なDMやコメントに対応する必要はないと考えているとのこと。このため、16歳未満の若年層アカウントをデフォルトで非公開設定とすることにしたといいます。なお、すでに公開設定となっている16歳未満のアカウントについてには、非公開にするメリットや設定の変更方法を説明する通知を行います。もちろん、各自の判断で公開設定で新規作成したり、公開設定のまま使い続けることも可能です。

また、Instagramでは、若年層のユーザーを保護するため、一部の大人が若年層のアカウントをさらに見つけにくくする技術も導入されます。具体的には、若年層のアカウントから直近でブロックされたり、違反報告されたりしたアカウントでは、発見タブやリール、おすすめのアカウント上で若年層のアカウントが非表示になるとのこと。また、ユーザーネームで検索するなどして若年層のアカウントを見つけたとしても、フォローすることはできず、投稿にコメントもできません。若年層ユーザーが他のユーザーの投稿にコメントしても、それを見ることできないとのことです。

このほか、FacebookとInstagram、Messengerにおいて、広告主が若年層への広告表示で利用できるデータにも制限が課せられます。18歳未満のユーザーについては、ターゲッティング広告で利用できるデータは年齢、性別、場所のみとなり、興味関心や閲覧したウェブサイトによるターゲティングは行えなくなります。

なお、Instagramでは現在のところ13歳未満ではアカウントを作成できませんが、13歳未満でも利用できる子供向けInstagramを検討しているとの話もあります。まだ初期段階だというこのアイデアは、すでに米国の議員から批判を受けています。今回の若年層保護の強化も、もちろん、純粋に若年層のプライバシーを守り安全に利用してもらいたいとの考えはあるのでしょうが、子供向けInstagramへの批判をかわす狙いもありそうです。

Source: Facebook