運営元の米Facebookが「Meta(メタ)」に社名変更するなど、経営周りの話題で耳にすることが多くなったSNSサービス「Instagram」。こちらにて、時系列でのフィード表示やお気に入り機能の開発が公式に案内されています。

Instagramのアプリを開くとホームタブにてまず表示されるのがフィードですが、実はその表示は新しい投稿が必ず上にくる時系列システムではありません。Instagramが提供するアルゴリズムにより、ユーザーにとって重要と思われる投稿が上へと表示されるのです。

しかしInstagramの運営元は最新ツイートにて、時系列でのフィード表示のオプションに関する発表を、来年初頭に予定していると案内。個人的には現在のアルゴリズムによる表示でも違和感は感じないのですが、フォロー先の最新投稿を常に上に表示してほしいユーザーにとっては、ありがたい機能となるはずです。

それ以外にも、投稿を上部に表示したいユーザーを選択できる「お気に入り」機能の実験導入についても案内されています。こちらは好きな投稿を保存しておける「ブックマーク」と混同してしまいそうですが、あくまでフィード表示の優先順位をユーザーが操作するものです。

SNSサービスにおける時系列表示とアルゴリズム表示のどちらがよいかは、長い間議論が続いてきました。一方でFacebookTwitterでは、時系列表示を導入する動きがあります。ユーザーが便利だと思う選択肢が提供されることは、決して不都合なことではないでしょう。

Source: Instagram Comms (Twitter)