Instagram
Instagram

Instagramは2月2日(現地時間)、アプリ上でコンテンツを削除した際に、30日以内なら復元できるようにする「Recently Deleted」機能を発表しました。

Instagramでアカウントが乗っ取られた場合、投稿済みの写真や動画をすべて削除されてしまうことがあり、そこから復旧する手段についての要望が多かったとのことです。この要望に応えるために追加された機能で、写真や動画などのコンテンツが削除された場合に、すぐに削除されるのではなく、一旦「Recently Deleted」フォルダに移動します。30日後には自動的に削除されますが、それまでの間は、手動で復元あるいは完全削除を行えます。

ただし、そのどちらを行う場合にも、テキストメッセージあるいは電子メールによる本人確認が必要となります。これにより、アカウントが乗っ取られ、写真が削除されてしまった場合でも、完全に削除されるのを防ぎ、復元できる機会が提供されるわけです。

とはいえ、そもそも乗っ取られないことのほうが重要なのは間違いありません。アカウントのセキュリティ設定で二段階認証を有効にするのは必須でしょう。その上で、新機能により運が良ければ復旧できる、程度に考えておいた方がいいのかもしれません。

Source: Instagram