Instagram、ショッピング機能利用要件を改定。クリエイターも販売が可能に

アフィリエイト的に使えるわけではありません

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年06月24日, 午後 12:15 in instagram
0シェア
FacebookTwitter
Bangkok, Thailand - July 27, 2019 : Instagram user liking his own photo on Instagram.
Getty Images

Instagramは6月23日(現地時間)、Instagramのショッピング機能の利用要件を改定し、さまざななビジネスやクリエイターでも商品を販売できるよう利用可能な業種を拡大すると発表しました。7月9日から利用可能になります。

Instagramのショッピング機能自体は、日本でも2018年から利用可能になっているもの。ただし、誰でも販売出来るわけではなく、これまでは一部のビジネスアカウントでのみ利用できました。

しかし、7月9日以降は、クリエイターアカウントでもショッピング機能を利用して、商品の販売が可能になります。

Instagram
Instagram

クリエイターアカウントは、Instagramのアカウントがあれば誰でも設定可能ですが、ショッピング機能の利用には、ほかにもいくつかの条件があります。また、実際に商品を販売する必要があるため、アフィリエイト的な使い方が出来る物でもありません。

それでも、導入のハードルが下がることで、デザイナーやアクセサリー作家がオリジナル商品を販売したり、インフルエンサーが自分のプロデュースした製品を販売したりと、活用の幅は広がりそうです。

source: Instagram

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: instagram, shopping, app, creators, merchandise, merch, commerce, makers, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents