Intel Arc
Intel

インテルがゲーミング向け高性能ディスクリートGPU「ARC」を発表しました。第一弾となる製品、開発コードネーム「Alchemist」は2022年第1四半期に発売します。

「ARC」はこれまで、Xeアーキテクチャのハイパフォーマンスゲーミング向けラインナップ Xe-HPGと呼ばれてきたGPU。ゲーミングデスクトップからノートまで、様々な製品向けのディスクリートGPUとして展開します。

新たに公開されたデモ動画では、メッシュシェーディングなど DirectX 12 Ultimate の新機能をフルサポートすること、高性能なレイトレーシングや機械学習ベースの超解像に対応することが明らかになりました。

ARCは GeForce や Radeon にあたるブランド名、最初の製品のコードネームが Alchemist という関係です。アルケミスト以降のコードネームとして明かされたのは Battlemage バトルメイジ、Celestial セレスティアル、Druid ドルイド。GPUといえば謎の勇ましいファンタジーRPG調キャラクターがパッケージを飾っていた時代を彷彿するネーミングです。

インテルの Xe系列 GPUはこれまで統合GPUやデータセンター向け、ハイパフォーマンス・コンピューティング向けをラインナップしてきましたが、ARC はゲーミングデスクトップやゲーミングノート向けとして、Radeon や GeForce と直接競合することになります。

Xeアーキテクチャを採用した統合GPUやノート向けのIris Xe Maxも、効率重視の軽量級としては高性能、グラフィック設定を落とせば最新ゲームも意外と動く程度の性能でしたが、ARCはレイトレーシングやAI超解像 (NVIDIAでいうDLSS)など、ゲーミンググラフィックスの最新トレンドをサポートします。

「アルケミスト」と思われる製品はエンジニアリングサンプルやベンチマークスコアの流出が報じられてきたものの、実際にパートナー企業から商品化されるモデルの構成やRAM量、価格はまだ不明。インテルは改めて詳細を発表する予定です。

仮想通貨のマイニングに使いにくいLHR版の登場もあり、ゲーミングGPUの市場はやや落ち着いてきましたが、まだまだゲーミングPCを組みづらくアップグレードしづらい価格に留まっている状況だけに、最新仕様を備える ARC は妥当な価格で登場するだけで十分注目を集めそうです。

Intel® Arc™ Graphics – Let’s Play