米インテルのGPU「Iris Xe Graphics」を搭載したグラフィックカードがAMDシステムでは動作しないことが、公式声明として伝えられています。

Iris Xe GraphicsはインテルのGPUアーキテクチャで、Coreプロセッサの内蔵GPUとして組み込まれています。また昨年1月には、単体グラフィックカード「DG1(コードネーム)」を発表。先日には台湾ASUSなどへの製品の出荷が始まっています。

そしてインテルの広報担当者は海外テックサイトのLegit Reviewsに対して、「Iris Xe Graphics搭載グラフィックカードは第9世代と第10世代のCoreプロセッサ、そしてB460/H410/B365/H310Cといったチップセットと組みあわせて出荷されます。特別なBIOS(UEFI)を必要とするので、他システムでは利用できません」と伝えているのです。

Iris Xe Graphicsはもともと内蔵GPUとして発表されたものですし、かつこのグラフィックカードは一般に発売されないOEMメーカー向けのパーツですので、このような制限が存在することはある意味想定内だったともいえます。なおインテルはゲーミングGPUの「Xe-HPG」を開発しており、こちらでは幅広いシステムで利用できる製品の登場を期待したいものです。

Source: Legit Reviews