Educational e-learning class and e-book digital technology concept with pc computer notebook open in blur school library or classroom background among old stacks of book, textbook archive collection
Getty Images/iStockphoto

ウェブサイトやデジタルデータをアーカイブし、インターネット上の図書館を目指す非営利団体Internet Archiveは10月30日(現地時間)、アーカイブしたページに対してファクトチェックを導入すると発表しました。

Internet Archiveはデジタルの歴史を保存しようとしているものの、それにより誤った情報や誤解をまねくような情報へのアクセスを提供してしまうことは問題があると認識しているとしています。このため、FactCheck.org、Politifact、AP、Washington Postなどの定評のある情報源によるチェックの結果を注記の形で提供することで、ユーザーが読んでいるものをよりよく理解することを望んでいると、その目的を説明します。

たとえば、現在もCNNのサイト上で確認出来る米共和党の医療法案に関するニュースについて、Internet ArchiveのWaybackMachine上で表示されるアーカイブされた情報では、黄色の帯でPolitifactによりファクトチェックされた旨が表示され、その結果を含む調査内容へのリンクが提供されています。

ほかにも、Mediumに投稿されたものの、すでに削除されている記事についても、Covid-19のコンテンツポリシー違反で削除されたとその理由を表示しています。

この表示により、現在は公開されていないものの、過去には存在していた記事について調べる際、誤情報を鵜呑みにしてしまうようなことは少なくなるかもしれません。

source: Internet Archives