Apple
Apple

米Appleが2018年に買収した音楽認識アプリのShazamは、周辺で流れているBGMや自分で口ずさむなどした楽曲を聴かせることで、その曲名やアーティストを調べてくれる老舗アプリ。調べた楽曲を自動的にApple MusicやSpotifyなどのプレイリストにまとめることもできるので便利に使っている人もいるはずです。

Appleは、そのShazamのiOSへの統合を進めており、最新のiOS 14.2ベータでは、コントロールセンターからShazamのトグルを表示可能になっており、気になる楽曲をこれまでよりもさらに素早く調べられます。

Shazam機能は周囲の音やアプリ内で再生中の楽曲を調べることが可能で、たとえばYouTubeで視聴中の動画やTikTokで使われている音楽を調べることはもちろん、イヤホン/ヘッドホンを使っている状態でも再生中の音楽を調べることが可能です。

このヘッドホン使用中の音楽検索機能は、Andoridでは2019年6月に提供されていたものですが、iOSへは1年以上遅れての登場となります。

iOS 14がiPad Air発表のタイミングでリリースされたばかりなので、iOS 14.2が出てくるにはまだ少し時間がかかる可能性があります。とはいえ、Appleは昨年のiOS 13でも、メジャーアップデート時に間に合わなかった機能を矢継ぎ早なアップデートで追加していった実績があるので、iPhoneの新製品発表もうわさされる10月ごろには登場するかもしれません。

source:Apple
via:MacRumors