AirPods Pro
Apple

アップルの開発者イベント WWDC21 より。iOS 15と同時に、iPhone や AirTag を見つける「探す」(Find My)の機能も大きくパワーアップします。

新たに加わる機能は、置き忘れを通知で警告するセパレーションアラート、電源オフ時でも「探す」ネットワークで検出、デバイスを消去したあとでも探すで検出、位置情報を共有する家族や友人のライブ更新、AirPods Pro の「探す」ネットワーク対応など。

発売されたばかりの AirTag を含め、アップル製品をなくしたり置き忘れがちなユーザーには、安心してよいかはともかく、万が一の紛失時にも見つかる可能性が上がるアップデートです。

Apple AirTag
Apple

アップルの「探す」(Find My) は iPhone や Mac などのデバイスや、発売されたばかりの AirTag など持ち物の場所を地図上に表示したり、近くにあるのに見当たらなければ音を鳴らして探したり、紛失時には検出されたら通知が届くようにできるアプリ。

自力でインターネットに接続して居場所を申告できる iPhoneなどと異なり、AirTag はイヤホンなどに使われる近距離無線の Bluetooth しか搭載しておらず、iPhoneから10数メートルも離れれば直接の接続は切れてしまいます。

しかし世界中の iPhone や Macなどがセンサーとして働く「探す」ネットワーク (Find My Network) により、アップル製デバイスのユーザーが近くにいれば検出でき、「探す」アプリで探せる仕組みです。

iOS 15では、Bluetoothを備える AirPods Pro も「探す」ネットワークで探せるようになります。

置き忘れ警告(セパレーションアラート)

AirTag 以前のBluetooth トラッカーでも対応製品があったセパレーションアラートは、Bluetoothなど近距離無線の信号が途切れた、弱くなった等から置き忘れと判断して警告する機能。

従来の製品では、元からさまざまな要因で途切れたり弱くなったりするBluetooth に依存するため、近くにあるのに誤って警告を出したり、逆にかなり遠ざかっても警告を出さないといった課題がありました。

アップルが AirPods Pro の新機能として披露したデモでは、置き忘れたことと場所を伝える通知がiPhoneに届く内容でした。

電源オフ時でも「探す」

今回の新機能で目を引くのは、電源オフ時でも「探す」で発見できるようになること。現在の「探す」アプリでも、電源が切れたデバイスや見失ったデバイスが最後に確認された場所を表示することはできますが、電源を切ってしまえば電波も発信せず、当然発見できません。

完全に電源オフのデバイスは金属やガラスの塊と変わらない以上、見つけようがない気もしますが、アップルはワイヤレス機器の位置をシャットダウン後も検出する装置及び手法についての特許を2015年に取得していました。

特許が認められたのは、電源を切ったデバイスでも一定時間ごとに一部の回路だけが目覚め、電波を発信することで発見を助ける発明です。

アップルは「盗んだ犯人が電源を切った場合でも」と説明していることから、電源オフでも探す機能を有効にしておけば、仮に手動で電源が切られても「探す」アプリで見つかるよう発信を続けるようです。

完全にバッテリーがなくなれば原理的に探せなくなるものの、AirTagがボタン電池一つで1年間使えるように、低消費電力設計のデバイスで一部の回路を一瞬起こすだけならば、ごくわずかな電力である程度の期間は機能できると考えられます。

デバイス消去後も「探す」

「探す」アプリには、iPhone や Mac などが盗難や紛失で回収できそうにない場合、機密性の高い情報が残っていて盗み見されては困る場合などに備えて、遠隔からデバイスを消去する(初期化する)機能もあります。いわゆるリモートワイプ機能です。

リモートワイプ後は「探す」アプリで地図に表示できなくなるため、回収を諦めて消去するか、中身を見られてしまう可能性に怯えるかの選択に悩むことがありました。

新機能で消去後も「探す」が有効になることと、従来からあるアクティベーションロックの仕組みにより、たとえ iPhone が盗まれて消去しても、電源を入れた際には「こんにちは」画面に元の持ち主が探していること、現在も検出可能であることが表示されるため、盗品の売買が難しくなります。

消去後にどこまで「探す」の機能が使えるのか、対応デバイス等は未詳。ただ従来から、デバイスを消去した場合でも、「MacまたはApple Watchが以前接続したことのあるWi-Fiネットワークの近くにある場合、場所を特定できることがあります」との注意書きがありました。

iOS 15 は開発者向けプレビューが本日より配信。パブリックベータは来月、一般公開は今秋になる計画です。

AirPods Proが「探す」ネットワーク対応、iPhoneに置き忘れ通知も。iOS 15で提供

関連記事:

5分でわかるWWDC21まとめ。iOS 15、iPadOS 15、watchOS 8、macOS「Monterey」発表