iOS 15 Photos

次期iOS 15は先日のWWDC21でプレビューされ、その後のセッションでも新機能が続々と公開されています。写真アプリにもいくつかの改良が加えられ、ようやく画像のEXIFデータ(写真の撮影日時や位置情報などが含まれる)が新規に追加される「情報」ボタンから確認できることが判明済みです。

それに加えて、カメラで撮影していない場合でも画像がどのアプリから保存されたかを表示できることが明らかとなりました。

たとえば下記の例では、HomePodの画像がSafari経由でWebから保存されたことがわかります。これまでユーザーが撮った写真なのか、それともアプリから保存した画像なのか区別が付かなかったことが不思議とも思えます。

iOS15
MacRumors

さらに、このメタデータ情報は整理用のタグのような役割もあるとのことです。太字の「Saved From Apps(保存元)」の各項目をタップすると、写真アプリがライブラリをフィルタリングして、同じアプリから保存されたその他の画像を一覧表示するというもの。自らの記憶を頼りにして、カメラロールを延々とスクロールする苦行からは解放されそうです。

本機能により複数のアプリごとに写真が自動的に仕分けられ、元のアプリに戻るまでもなく各ゲーム別のスクリーンショットをまとめて扱えるわけです。ゲームやアプリ情報ブログ、テック系ライターにとっては待望の機能であり「もっと早く実装して頂ければ」と口をついて出そうな感はあります。

これとアプリ間でのドラッグ&ドロップを組み合わせれば、iPhone単体でも多くの写真を整理したり加工などが捗りそうです。iOS 15は来月(7月)に登録した人なら誰でも使えるパブリックベータ版がリリースされ、今年秋には正式版が配信される見通しですが、楽しみに待ちたいところです。

Source:MacRumors