Google、iOS機でセキュリティキーを利用しやすく。「タッチしてサインイン」が可能に

NFCとUSBタイプが使いやすくなりました

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年06月5日, 午前 08:00 in google
0シェア
FacebookTwitter
TitanKey
Google

Googleは6月3日(米現地時間)、「iOS 13.3以降のアップル製品において、GoogleアカウントのW3CWebAuthn(パスワード不要のWeb認証API)のネイティブサポートを可能にする変更をロールアウトする」と発表しました。

具体的には、該当するiOSデバイスでGoogleアカウントにサインインする際に、GoogleのTitanセキュリティキーなどを使うことで、パスワード不要かつ信頼性の高いサインインが可能となります。PCやAndroidでは既に対応していましたが、今回iOSデバイスも対応したかっこうです。

「セキュリティキー」とは文字通り、セキュリティ認証における鍵として動作する専用ハードウェアのこと。認証を行なう機器に対してBluetoothやUSBで接続することで動作します。

TitanセキュリティキーはFIDO2規格に準拠したセキュリティにより、GoogleのほかDropboxやFacebook、Twitterなどのサービスで2段階認証用のデバイスとして利用できるもの。個人および企業向けに提供されている簡便かつ強固な保護が、iOS機器で享受しやすくなったというわけです。

TitanセキュリティキーのうちUSB-AタイプとBluetoothタイプにはNFC機能が組み込まれているため、iPhoneの背面にタッチするだけでサインインが可能です。またYubicoの「YubiKey 5Ci」など、Lightning接続タイプであれば、iPhoneに直接挿入して使えます。

また、他社の(NFC機能を持たない)USB-Aタイプのキーでも、Lightning - USBカメラアダプタを介して利用できます。

その一方で、iOSではBluetoothタイプのセキュリティキーやスマートフォン(一部スマホも代わりに使えます)はネイティブサポートされていないため、使用するためにはiOSデバイス側でSmart Lockアプリをインストールする必要があります。

今回の対応は、Googleによる自社サービスが対象ですですが、実は既にアップル側も、iOS 13.3以降のSafariで、FIDO2準拠の物理セキュリティキーをサポート済みです。

すなわち、すでに2段階認証を設定しているGoogle他のサービスでは「Lightning接続キーをポートに挿して認証」が可能となっていたわけです。その視点からすれば、今回は、利用できるセキュリティキーの幅がさらに広がったことになります。

TitanセキュリティキーはGoogleが従業員への使用を義務づけ、フィッシング被害が0件となる実績を示した後、製品として市場に送り出した経緯があります。プライベートのみならず組織の情報を管理する立場であれば、今回のiOSデバイスへのサポート拡大をきっかけに、導入を検討してみてもよさそうです。

Source:Google

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: google, security, fido, ios, ios13, iPadOS, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents