iOS-iPadOS14_Settings

ついに。

アップルがオンラインで開催中の開発者会議、WWDC20で予想通り発表された『iOS 14』と『iPadOS 14』。蓋を開けてみれば、時期は予想通りながら、機能は今回もウワサ以上と思える多さのバージョンとなりました。

そんな新機能の中に、一部ユーザーが本当に、本当に待望していた「Webブラウザとメールアプリのデフォルト設定の変更」機能が搭載される点が、米国版Webサイトで公開されたプレビューページにて公開されています(ええ、ついに“解禁”です)。

iOS-iPadOS14_Settings
▲左欄にあるSettingsは「設定」アプリの強化という意味合い。特殊操作などは必要なく、正規手順で変更ができるようです

実際の機能としては、iOS/iPadOSの双方ともにSettings(「設定」アプリ)の欄に記載されているため、OS設定に追加されることとなりそうです。

iOS-iPadOS14_Settings
▲iOSとiPadOS(そしてmacOS Big Surも)Safariは大幅な高速化をアピール。頻繁に見るWebページではChromeの2倍速と謳います

一方でiOS/iPadOS 14では、Safariと標準メールアプリも機能強化がなされています。今回の“解禁”は、こうした機能強化により、ハンデがなくても選ばれるという自信の一端もあるのやもしれません。


さてここからは、事情に詳しくない読者に向けて「なぜこの機能がこれだけ喜ばしいのか」を紹介します。

実はこれまで、iPhoneとiPad(つまりiOSとiPadOS)では「標準WebブラウザはSafariで、メールアプリは(純正の)メール」という設定は固定されており、AndroidやMac、PCのように他アプリへの変更はできませんでした。

この“標準アプリ固定仕様”は、とくに「PCやMacで標準WebブラウザをGoogle Chromeに、標準メールアプリをGmailにしていて、データ管理からはiPhone/iPadでも統一したい」というユーザー(決して少なくないはずです)にとっては、非常に困った仕様となっていました。

本記事をお読みの読者の中にも、メールやメッセージで送られてきたURLのリンクをWebブラウザで開きたいという場合や、アプリ内のメールリンクでメールを送る手順などが必要になった場合に際し、URLのコピペ作業やシェアボタンからのChrome/Gmail起動など、「バッドノウハウとしか呼べないのでは……」と思うような操作を行なった方がいらっしゃるはずです。

こうした経験をしてきたユーザーにとって、今回の強化(というよりはポリシー変更)は、ついにこうした細かな、しかしそれゆえに面倒だった苦役から解放されるということを意味するというわけです。

筆者も「WebブラウザはiPhoneでもChrome」派のため、個人的にも喜ばしい変更です。


iOS-iPadOS14_Settings
▲タイトルの画像はiOS 14でしたが、こちらはiPadOS 14での解説。実際の手順もiOSと同じように「設定」アプリから変更ができる模様です。iPadの場合はとくに嬉しい方も多いのでは

さて、昨今のアップルは、ともすればパブリックイメージ的だった「未来はそちらにあると信じれば、ユーザーから否定が多くても路線を続ける」といった、良くも悪くも頑な(かたくな)な姿勢が軟化しているのでは? と思われる姿勢をいくつか見せています。

最近の代表例では、多くのユーザーを喜ばせたであろうMacBook版Magic Keyboard(=バタフライ式キーボードユニット搭載の取りやめ)などが印象的なところでしょう。

またユーザーから人気が高かった、手頃な価格帯モデルの“復活”――iPhone SEやiPad mini、MacBook Air――も積極的に行なっており、良くも悪くもユーザーとしては「変えてくれたのは嬉しいけれど、それまでのかたくなさはどこに行ったの? そして変えられるならどうしてもっと早く変えてくれなかったの?」と言いたくなるような事態が立て続けに起きています。

今回のデフォルトアプリ解禁も、実はこれまで少なくないユーザーから寄せられていた要望だっただけに、今後はそうしたアップル軟化の一例として挙げられる事例となることは間違いないところです。

いずれにせよ、こうしたユーザーにとっては、「これだけでバージョンアップに値する」機能と呼べる、まさに値千金の変更。筆者はiOS 13がリリースされた際「Wi-Fiの選択がコントロールセンター内で行えるだけでもアップデートに値する」と紹介しましたが、今回はここだけでバージョンアップの理由になると考えています。

そしてアップルに際しては、今後もぜひこうした“ユーザーにとって嬉しい軟化”を見せてくれることを期待したいところです。

参考記事:

これは便利!! iOS 13はWi-Fiの選択がコントロールセンター内でOK(橋本新義)

Source:米国アップル(iOS 14)米国アップル(iPadOS 14)