iphone5s

アップルは12月15日、旧モデルのiPhone向けにiOS 12.5を配信開始しました。対象デバイスはiPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plusの3機種となっています。

届いていれば通知から、あるいは「設定-一般 - ソフトウェア・アップデート」から確認して手動でアップデート可能です。

アップルは9月に配信したiOS 13.7以降、新型コロナ接触通知がアプリなしで可能となるフレームワークを導入しています。そちらではiPhone 7以降のモデルに限られていましたが、今回のアップデートは旧モデル向けにも同様のしくみを展開した格好です。

ただしアップルによれば、システムが利用可能かどうかは、ユーザーが居住する地域の公衆衛生当局による対応状況により異なるとのことです。

また本アップデートにはセキュリティアップデートも含まれており、すべてのユーザーに推奨されています。


iOS 12.5の公式リリースノートは次の通りです。

iOS 12.5では、iPhoneの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触通知システムの利用を選択することができます。システムが利用可能かどうかは、お住まいの地域の公衆衛生当局による対応状況によって異なります。

このアップデートにはセキュリティアップデートも含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT201222 

Source:Apple