iOS 14で「探す」アプリがサードパーティ製品にも開放。Tileタグが探せるようになる?

独禁法違反調査への対策でもありそう

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年06月23日, 午後 12:00 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
FindMy
Apple

アップルは開発者会議WWDCのキーノートにて、iOS 14およびiPadOS 14を公式発表しました。その場では言及されていませんが、iPhoneの標準アプリFind My(日本名は「探す」)をサードパーティ製品やアクセサリにも開放することをひっそりと発表しています。

同社はiOS 14のプレスリリース中で「Find Myネットワーク アクセサリ プログラム」を導入し、サードパーティ製品やアクセサリを検索できるサポートを追加すると述べています。これによりアップル製品に加えて、生活の中で重要なアイテムを「探す」アプリで見つけられるようになるとのことです。すでにドラフト仕様は、アクセサリーメーカーや製品メーカーに向けて公開されています

より分かりやすく言えば、「探す」アプリから忘れ物防止タグのTile製品などを発見できるかもしれないということです。忘れ物をしがちな人、顧客が自社製品を探しやすくしたいサードパーティにとっては有り難い方針変更と言えます。

この件に最も利害関係を持つと思しきTileは、アップルが自社製品の機能を阻害しているとして、欧州連合の規制当局に競争法違反の調査をするよう申し立てをしていました。そこでは「探す」アプリが自社の忘れ物防止アプリよりも優遇を受けていること、自社製品がiPhoneのハードウェアへのアクセスに制約を課されていると訴えられていた経緯があります。

新たな「サードパーティ製品にもFind Myアプリを開放します」というプログラムに対して、Tileがどのように反応するのか。そして「探す」アプリと密接な関係がある、噂のアップル純正忘れ物防止タグ「AirTag(仮)」がいつ発表されるのかも注目していきたいところです。

Source:Apple(1)/(2)

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Apple, findmy, Tile, ios14, news, gear
0シェア
FacebookTwitter