iOS 14の「探す」アプリ、利用条件厳しすぎ?他社の探しものサービスは排除か

Androidから忘れ物防止タグが探せなくなるかも

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年07月27日, 午後 03:00 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
FindMy
Apple

アップルはiOS 14のプレスリリース中で、これまで対象をアップル製品に限っていた「探す」(海外名:Find My)アプリをサードパーティ製品やアクセサリにも開放すると発表しました。これは忘れ物防止タグTileなど競合製品にも標準アプリの門戸を開き、ひいては規制当局による独禁法違反調査の動きを緩めるものと見られていました。

「「探す」ネットワークアクセサリ プログラム」に参加するに当たっては、サードパーティ開発者には機密保持契約へのサインが求められます。それにより交付された(つまり開発者自身は公開できない)仕様書を入手したメディアが、あまりにも条件が厳しすぎると報じています。

米The Washington Postは、上記プログラムに参加した匿名の開発者から50ページにもわたる仕様書を入手しました。そこで注目すべき制限は、アップルが「探す」アプリでアクセスできるハードウェアについては、他の競合するサービスをユーザーが使用するのを禁じていることです。

たとえば忘れ物防止タグを「探す」に登録してしまうと、サードパーティが独自に提供しているアプリからは探せなくなる、ひいてはAndroidスマートフォンからタグを探す手段がなくなってしまう(「探す」アプリはAndroid向けに提供されないため)わけです。

これらの条件は、ユーザーが一般的にひとつのハードウェアに対して複数のアプリを使える通例と反しています。たとえばBluetoothヘッドセットはApple MusicとSpotifyの両方で利用でき、アップルのHomeアプリおよび他社のソフトウェアで同じスマート電球を制御できます。

米国や欧州の規制当局がアップルに疑いの目を向けているなか、いっそう反発を招くのではないか──。そんな問題を示唆したWashington Postに対して、アップルの広報担当は、自前で探しものサービスを構築できるリソースを持っていない中小企業にとっては役に立つ可能性があると回答。「探しもの市場に参加することに興味があり、自ら探しものネットワークを構築できない小さなプレイヤーでも利用できます」として、反競争的ではないと主張しています。

しかしTileが米国および欧州の規制当局に申し立てた苦情は、自社ハードウェア製品を「探す」アプリに登録できないことではなく、「探す」アプリが自社ソフトウェアよりも優遇を受けていることでした。すなわちTileにとっては改善にも歩み寄りにもなっておらず、欧米でのアップルに対する独禁法違反の調査がより厳しくなる可能性もありそうです。

Source:The Washington Post

Via:9to5Mac

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Apple, applerumor, Tile, AirTags, find my, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents