iOS 14はiPhone 6s以降に2020年秋配信。7月には誰でも試せるパブリックベータ版を公開予定

今回は足切り無し

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年06月23日, 午前 05:10 in iOS
0シェア
FacebookTwitter
iOS 14
Apple

アップルは6月23日、開発者会議WWDC20にて新OS、サービスを発表しました。iPhone向けのiOS 14はiPhone 6s以降のすべてのiPhoneで利用可能。対応モデルはiOS 13と共通で、iPhone 6sは足切りを免れています。

iPadOS 14も対応モデルはiOS 13と同じ。iPad Air 2以降、すべてのiPad Proモデル、iPad 5世代以降、iPad mini 4以降のモデルに対応します。

2020年秋に正式な配信予定。本日6月23日より開発者向けのプレビュー版が提供されるほか、7月にはiPhone/iPadユーザーならだれでも利用できるパブリックベータ版の公開も予定されています。

またアップルは同時にMac OSの最新版「Big Sur」やApple Watch向けのwatchOS 7、そしてArm版のMacの開発も発表しています。詳細は関連記事をご覧ください。

【お詫びと訂正:2020/06/23 13:46】

初出時、パブリックベータの提供開始月に誤りがありました。正しくは「7月」です。読者の皆様に誤解を招いたことをお詫びいたします。

関連記事:

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: iOS, tablets, smartphone, ios14, iPad, apple, iPhone, news, gear
0シェア
FacebookTwitter