iOS 14では「画面に触れずに指でお絵かき」が可能に。画像解析フレームワーク強化により

臨兵闘者皆陣列在前の九字切りしたい

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年06月25日, 午後 07:00 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
Vision
Apple

アップルがWWDC20で発表したiOS 14およびiPadOS 14、そしてmacOS Big Surでは、画像解析フレームワーク「Vision」が更新され、人の身体や手のポーズを検出できる機能が追加されたことが明らかとなりました。

新たなVisionフレームワークは、人々のポーズや動きおよびジェスチャーを分析し、アプリに様々な機能の実装を可能にするもの。

アップルはユーザーのエクササイズを自動追跡できるフィットネスアプリ、正しい人間工学に基づいた従業員向け安全トレーニングアプリ、似たポーズに基づいて写真やビデオを見つけるメディア編集アプリなど、いくつかの応用例を紹介しています。

特に注目すべきは、アプリとの新たなインタラクティブ体験をもたらす可能性を持った「手のポーズ検出」です。アップル公式デモでは、親指と人差し指の先を合わせて、ディスプレイに指を触れることなくお絵かきしている例が示されています。

Vision

さらにピースサインやVサインなど特定のジェスチャを検出し、それに合わせた絵文字やグラフィックを重ね合わせる芸当も披露されています。

Vision

別の実装例としては、ユーザーが空中で特定の手のジェスチャーを行っていると検出すると、写真を自動撮影するカメラアプリも紹介されています。また、複数の手の検出においても、ジェットコースターでそろってバンザイしている子供たちの複数の手が検出できている模様です。

とはいえ、手袋を着用している、逆さまに見える、あるいはゆったりとしたローブのような服を着ている場合や、人体が画面の端に近い場合や部分的に障害物に隠れている場合は、アルゴリズムが上手く動作しない可能性もあるとのことです。

同様の機能(モーションキャプチャー等)はARkitでもすでに利用可能ですが、それはARアプリのみに限られ、特定の(必須要件を満たした背面カメラを備えた)iPhoneやiPadモデルだけで動作することから、汎用性という面では限りがありました。

それに対してVisionフレームワークは制約が緩く、多くのiPhoneやiPad、そしてMacで使用できるため潜在的なユーザー人口も大きくなります。将来的には「iPadの前で踊るダンスゲーム」や「ジェスチャーで呪文を発動するアクションゲーム」など、多くの可能性を秘めていそうです。

Source:Apple

Via:MacRumors

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Apple, wwdc20, ios14, macOS big sur, ipados 14, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents