iOS14

iPhoneのホーム画面といえば同じサイズのアプリのアイコンがずらりと整列する光景がおなじみでしたが、iOS 14ではガラリと雰囲気が変わります。

iOS 14でウィジェット機能が大幅に強化されます。これまで専用の画面に表示されていたウィジェットは、ホーム画面に統合され、アプリアイコンと並べて閲覧できるようになります。

iOS14
iOS14

ウィジェットの大きさは画面のデザインにあわせて柔軟に変更可能で、サイズごとに最適化した表示が用意されます。ウィジェットだけを表示する画面では、検索も使えるようになります。

iOS14

さらに、「スマートスタック」と呼ばれるウィジェットも実装。これは複数のウィジェットを登録して、スワイプで切り替えられるという特殊なウィジェット。ホーム画面の1画面目のようなよく使うポジションに配置するのが適しているでしょう。

ホーム画面ウィジェットの配置が柔軟になったことで、iPhoneの整然とアイコンが並ぶホーム画面という伝統は変わっていくことになりそうです。当初からアイコンやウィジェットの配置が柔軟だった、ライバルAndroidに近づいているという見方もできるでしょう。

iOS 14にはこのほか、アプリのアイコンをジャンル別に整理して表示する「App ライブラリー」などの新機能も含まれています。

関連記事