batterydrain

iOS 14.2をインストールしたiPhoneでバッテリーの消耗が異常に激しいなど、いわゆる「バッテリードレイン」問題が広い範囲で起こっているとの報告が伝えられています。

この不具合は、アップル開発者フォーラムや大手掲示板Redditで報告されているものです。主な症状としては、急激なバッテリーの消耗と充電に長い時間がかかることの2つ。一部のユーザーは30分もせずに50%以上も残り容量が減り、通常使用をしていても数分以内に5%程度も消耗すると訴えています。

そして多くのユーザーは急激にバッテリー残量が落ちる前には(見かけの)高い残量パーセンテージに貼り付いていて、デバイスを再起動すると急に残量が増えたと報告。これらの現象から、原因はソフトウェア関連と推測されています。

症状が起こったiPhoneはiPhone XS、iPhone 7、iPhone 6S、初代iPhone SEなど、やや古めの機種に偏っています。また、iPadOS 14.2を入れたiPad Pro(2018)にも同様の問題が発生しているもようです。

iOS/iPadOS 14.2.1は11月初めに配信開始され、100以上の新たな絵文字が追加されたほか、AirPods/Proの充電が最適化されたと謳われていました

その後まもなくiPhone 12 miniのロック画面が反応しない問題を受けて、iOS 14.2.1がリリースされています。ただし、バッテリー問題が修正されたことを示唆する新たな報告はありませんでした。

すでにiOS/iPadOS 14.3のパブリックベータ3も配信されているため、そこではバッテリードレインが解消されている可能性もあります。ともあれアップルが問題に対処するまでは、古めのiPhoneを持つユーザーはiOS 14.2へのアップデートを見合わせた方がよさそうです。

Source:Reddit,Apple

Via:MacRumors